Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

グリホサート 使い方とその効果

グリホサートと発がん性のお話。農薬と食の安全ってどう考えればいいの?

グリホサートとは?正しい知識を身につけ、効果的な除草を

インターネット上の記事や動画等の情報源から、漠然と農薬の使用、特に発がん性について不安を感じている方も少なくないかと思います。しかし現実に農薬は、農家の仕事を効率的にし、消費者に美味しい国産野菜を届けるために必要不可欠なもの。ご家庭においてはガーデニングを行う際に、除草に割く労力を大幅に減らすために役立てることが可能です。ここでは、科学的根拠のない風評による不安が払拭できるよう、農薬とはどういうものなのか、また日本で一番使われている農薬成分であるグリホサート 除草剤の効果や使用方法についてご紹介します。

グリホサート 使い方とその効果

農薬の定義とは?

農薬の製造、販売、使用には多くの厳密な法律が存在し、中でも関わりが大きいのが「農薬取締法」です。この法律においては、農作物の生産上問題になる病害虫や雑草などを防除するだけではなく、農作物の生理機能の増進や、抑制に用いられる薬剤も農薬と定義されています。農薬による成長促進や抑制の例としては、リンゴやメロンなどの果実がつきやすく、また大きく育てられるようにしたり、稲などの成長を抑えて倒れにくくすることが挙げられます。

また、同法で定義される農薬の中には、また、同じく定義の中にある「生物農薬」というのは、天敵昆虫や微生物などをさしています。農薬の有効成分として、微生物や昆虫などを生きた状態で製品化したもので、これらを分類して、天敵昆虫や天敵線虫を有効成分とするものを「天敵農薬」、微生物を有効成分とするものを「微生物農薬」と呼ぶこともあります。つまり農薬とは、農作物の生産上で問題となりえる病害虫の発生や雑草の繁茂などを解決するための資材であるといえます。

 

グリホサート 安全に使えて効果抜群

日本で最も使われている農薬成分、グリホサートとその効果について

グリホサート 農薬は葉や茎から浸透し、根まで枯らすタイプの農薬で、伸び放題の草むらも、草刈りしないでそのまま散布することで効果を得られます。非常に気化・蒸発しにくい物質であるため、通常のご使用条件では気化による影響の心配はほとんどありません。またグリホサート イソプロピルアミン塩は土に吸着しやすく、吸着すると除草剤としての効果を失うため、有効成分が土壌中を移動することはほとんどありません。従って、説明書通りに使用すれば、土壌を介して作物に影響を与えることはありません。一年生から多年生雑草まで幅広い雑草に優れた効果を発揮し、多年生雑草の根まで枯れさせることが可能で、使用後すぐに作物の作付けができるのもポイントです。

グリホサートの使用による発がん性の心配は?

グリホサート系除草剤は各国の政府機関で厳しい審査が行われ、その高い安全性が認められた結果、発売以来40年以上に渡って使用が許可されています。世界の規制研究機関によるグリホサート評価サマリー表によると、各国の規制研究機関は「人に対してのグリホサート 発がん性がある可能性は低い」、「人の健康に対してリスクはない」、「毒性があるという根拠はほとんどない」と評価しています。

昨今、オンラインを中心に発がん性への不安が上がっています。背景には、2015年に国際がん研究機関(IARC)がグリホサート 発がん性 根拠を「おそらく発がん性がある」グループ2Aに分類したことが大きく影響しているようです。しかし、同じ分類のグループ2Aにはグリホサートのほかに赤身肉、コーヒーや紅茶、日本茶といった熱い飲み物、美容院や床屋が入っています。つまり発がん性のハザードとしての評価は赤身肉や熱い飲み物と同程度であるということで、日常的にその発がん性を不安視する必要はありません。

 

 グリホサート 発がん性 根拠はない

 

食品に残ったグリホサート 成分は安全なの?

例えば市販のパンからも極微量のグリホサート 成分が検出され、最大検出量は0.18mg/kgです。しかし、内閣府食品安全委員会が定めたグリホサート 使い方の一日摂取許容量は体重1kg当たり1mgで、体重50kgの人が50mgのグリホサートを毎日、一生摂取し続けても健康に問題がないことを示しており、残っている成分によるグリホサート 発がん性や健康上の懸念は全く不要です。

 

    グリホサート 雨にも朝露にも強い

実際にどのように使われているの?使い方の注意点は?

グリホサート メカニズムはどのような環境下でも安定して成分を発現し、特に水気に強いのが特長として挙げられます。散布後1時間以上が経過していれば、その後雨が降っても効果が落ちません。また、散布時に朝露などが付いていても効果に影響がありません。低気温や低日照、乾燥が続くといった天気のなかでも確かな効果を発揮し、使用する時間帯も気にする必要がありません。

注意するべきなのは、グリホサートの成分に触れるとどんな植物でも枯らしてしまうという効果があるという点です。除草に大きな効果がある一方、薬剤の飛散によりせっかく育てている作物も枯らしてしまうリスクがあるため、農耕地ではない場所に生える雑草を枯らせるために使用するのが一般的です。特に秋季に水田の畦畔に散布すると、翌年7月中旬頃までイネ科多年生雑草が生えることを予防し、春・夏季に必須の下草などを刈り取る作業を省略することができます。ご家庭では四季を通じて手軽な除草と、次の年の雑草の繁茂の予防に効果を発揮します。なお、茎や葉に液剤がかかってから移行して成分が発現するため、散布してから効果がでるまで少し時間がかかる点を考慮すべきでしょう。

READ  日本のベンチャーキャピタル SamuraiIncubateがアフリカのスタートアップのための618.6Mのファンドを閉鎖-TechCrunch