Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

グリーン水素コストを3分の2削減する日本の技術

東京-日本のエネルギー会社であるエネオスとプラントエンジニアの千代田は、現在のコストの3分の1で、二酸化炭素排出量がゼロの水素製造施設を建設します。これは、国の脱炭素化への取り組みのブレークスルーです。

同工場では、独自の電解技術を駆使して必要な投資を大幅に削減し、水素の価格を330円(1キログラムあたり約3ドル)に引き下げることを目指しています。 EneosとChiyodaは、2030年に工場を建設する候補としてオーストラリアやその他の場所を検討しています。

二酸化炭素を発生させずに自動車や発電所を走らせることができる水素は、脱炭素化の取り組みに不可欠であると見られていますが、生産コストは依然として高いままです。 日本市場での水素の価格は1キログラムあたり約1,100円であり、政府はその数を2030年までに330円、最終的には220円に引き下げることを目指しています。

EneosとChiyodaによって開発された方法は、別々のプロセスではなく、水とトルエンの両方を同時に電気分解して、メチルシクロヘキサン(MCH)を形成します。 このプロセスの簡素化により、企業の投資が半分に削減されます。

MCH液体は、周囲温度で発電所やその他の施設に輸送され、そこで水素が抽出されてエネルギーとして使用されます。 これは、特別な貨物船で水素を摂氏マイナス253度に保つことを伴う水素の輸送よりも費用効果が高いです。

パートナーはすでに限られた量のMCHを生産する技術を持っており、2025年度までに500 kWの機器を開発するために、より大きな電極で容量を増やすように取り組んでいます。

電気分解に必要なエネルギーは、再生可能エネルギー源から供給されます。 オーストラリアはこのエネルギーを低コストで提供しています。 電解設備と貯蔵タンクの設置には約1平方キロメートルの土地が必要であり、総投資額は約4,000億円になります。 ソーラーファームが側面に沿って建設されている場合は、 u200b u200b64平方キロメートルの面積を作成する必要があります。

Bloomberg NEFによると、ドイツでグリーン水素を製造するには、1キログラムあたり約3ドルから6ドルの費用がかかります。

日本政府は、2030年までに最大300万トンの水素をエネルギー源として使用することを目標としています。このうち、グリーン水素は42万トンを消費する予定です。 EneosとChiyodaによるプラントの年間生産能力は30万トンと見込まれており、これは原子炉とほぼ同等です。

READ  Apple vs. Epic:Fortniteアプリがどのように法的な対立を引き起こしたか-ポッドキャスト| ニュース