Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

グループ・オブ・セブンは石炭火力発電の終焉を目指しており、日米への圧力を強めている

ロンドン/ワシントン-7か国のグループは、最初の気候大臣会合で石炭エネルギーの使用をやめる努力について話し合い、炭素集約型エネルギー源を放棄するという具体的なコミットメントを行うよう日米に圧力をかけた。

主要先進国の2日間の会議は金曜日にインターネットを介して開催されました。 出席者の中には、日本の小泉進次郎環境大臣、影山博、経済産業大臣、そして米国の気候特使ジョン・ケリーが含まれていました。

英国は今年のG7の開催国として、天然ガスなどの他の炭化水素に比べて二酸化炭素排出量が多いエネルギー源を放棄するというブロック全体の取り組みを調整することを期待して、石炭に対して厳しい姿勢を示しています。 彼女は、会議の準備をしながら、他の加盟国にこの問題への努力を示すよう促した。

英国政府のスポークスマンは会議の前に、「英国は、昨年、石炭を使用せずに5,000時間以上発電に費やした後、気候変動への取り組みと石炭の段階的廃止で世界をリードしている」と語った。 5000時間は208日強です。

英国で発電される電力の責任は石炭であり、2012年の40%から減少しています。英国は2024年までにすべての石炭火力発電所を閉鎖する予定であり、代わりに再生可能エネルギーのシェア拡大に取り組んでいます。

日本の経済産業省の萩山博社長は、金曜日までの2日間の会議の一環として、インターネットを介してグループ・オブ・セブンの気候および環境大臣と話します。 経済産業省は日本のエネルギー政策に責任があります。 (写真提供:経済産業省)

フランスは来年までに石炭の使用を完全に停止する予定ですが、イタリアとドイツはそれぞれ2025年と2038年までに使用を停止することを目指しています。

一方、日米はまだ石炭の撤退目標を設定していない。

バイデン政権は、2030年までに2005年のレベルと比較して正味の温室効果ガス排出量を50%から52%削減することを目指しています。この目標を達成するには、電力構成の19%を占める石炭の使用を実質的に停止する必要があります。 しかし、経済的に燃料に依存している地域からの潜在的な政治的後退を考えると、政権は厳しい約束をすることに消極的です。

日本は2050年までに正味の温室効果ガス排出量を達成することを計画していますが、石炭は依然として日本の電力構成の32%を占めており、G7全体で最も高い割合です。 2011年の福島第一原発事故後、ほとんどの原子炉はアイドル状態のままであり、風力発電や太陽光発電に適した場所はヨーロッパよりも少ないため、この数値を下げるための同国の道筋はあいまいです。

日本政府は、低コストで安定した供給を考えているため、現状では石炭を完全に排除することには消極的です。 「私たちは、道路上の独特の状況を反映して、各国にとって最善の決定を下す必要があります。 [to net-zero emissions] 影山は木曜日の気候会議で言った。

東京の井渕智宏による報告

READ  アストロスケールコーポレーションと三菱+日本政府との間の軌道上サービスに関する覚書の署名-SatNews