Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

グレート東京エクソダス| フィナンシャルタイムズ

月島明光さん(37)は、日本最大級の採用担当者であるバスナグループの東京本社で営業部長を務めていたとき、午前7時に帰宅した。 週5日は、混雑した電車で1時間の旅をします。 現在、昨年10月に600km離れた離島リゾートに引っ越して以来、妻と2人の息子とリラックスした朝食を食べた後、海岸沿いを車で10分の海の景色を楽しみながら仕事をしています。

寺岡は西日本の淡路島で110人のチームを率いています。 彼は今でも東京に拠点を置くクライアントとは離れた場所で取引を行っています。採用会議のスケジュールを立て、求職者の履歴書を調整し、日本の首都の元同僚と緊密に協力しています。 「今では家族と過ごす時間が増えるだけでなく、淡路から社内でキャリアを積み続けることができます」と彼は言います。 「以前は東京でしかできないと思っていた仕事をしています。」

寺岡は、2020年9月に本社の多くの職を移し、2024年5月までに1,200人の従業員を雇用する計画を発表して以来、島に引っ越してきた350人のバスナ従業員の1人です。バスナはその一例にすぎません。エンターテインメントエージェンシーから醸造所、ソフトウェア開発者に至るまで、企業は日本企業をやっており、コロナウイルスの大流行の結果として彼らの運営パターンを再考しています。

淡路島の青い瀬戸内海を一望できるオフィスで、南部靖之グループCEOの南部靖之氏は、若い世代の従業員、特に幼い子供を持つ従業員は、「東京を中心とすることから、周囲の環境を求めることへと、ますます価値観を変えている」と述べています。海のそば。」そして山々。」

バスナグループCEO南部靖之

ハイブリッドワークとリモートワークは世界中の職場文化を変えましたが、その変化は世界第3位の経済大国で特に顕著です。 日本は労働時間が長く、生産性が低いことで知られています。そのため、実際に行われることよりも、オフィスにいること、そして上司の後に離れることの方が重要な場合がよくあります。

一連の自然危機、特に福島第一原発事故を引き起こした2011年の東北地方太平洋沖地震と津波は、リスクを多様化する必要性についての日本の幹部への目覚めの呼びかけでした。 これは、主に地域を支援し、首都の「リスクを取り除く」ために、事業の再定住に補助金を提供するという政府の方針に沿ったものでした。 しかし、パンデミックが発生する前は、クライアント、大学、省庁が東京に集中しているため、この国の数十年前の仕事の習慣により、東京を離れるという考えはほぼ不可能に見えました。

現在、この確固たる信念は解体されつつあります。 ビジネス情報会社帝国データバンクによると、昨年、350社以上の企業が本社を東京とその周辺の都道府県から田舎に移転しました。これは記録的な数です。 11年ぶりに、首都はそれに移動したより多くの企業を残しました。 これらの数字は、総務省の人口動向を裏付けるものであり、2021年には、記録が始まって以来初めて、東京都心の23区を離れた人の数が到着した数よりも多いことを示しています。

企業が地方に移動する傾向が止まることはないでしょう。 「企業は東京で最も効果的なものを慎重に選択します」とみずほリサーチアンドテクノロジーのチーフリサーチオフィサーである岡田裕氏は言います。 今日、彼は、パンデミックとロシアのウクライナ侵攻の中で不確実性が増している中で、将来に備えるために「残りの作業はコスト削減努力のどこかに移されると予想される」と付け加えた。

2020年に淡路島に引っ越して以来、ほとんど東京に戻っていないバスナの南部は、地震の危険性が常に彼を夜に目覚めさせた問題の1つであると言いました。 彼は、パンデミックによって引き起こされた新しい仕事の習慣を受け入れ、最終的に本社を首都から離れるのに役立てました。 同社は2008年から淡路島で農業と観光を行っていたため、彼が考えていたのは島でした。 南部氏によると、さまざまな業界の幹部がバソナの新しいオフィスを訪れ、プロセスの仕組みを理解しているという。

淡路島
淡路島|©SeanPavone/ Alamy

住民移転計画の発表以来、バスナは人口13万人の淡路島に5つの事務所を開設しました。 一部の従業員は5月に開設された新しい本社に移転しましたが、同社は他の事務所を開設したままにしています。 東京に比べて生活費が安いにもかかわらず、転居した従業員の給与を変えていない同社は、インターネット接続から学校や病院の利用可能性まで、あらゆる課題を克服しなければならず、アパートを建てるために土地を購入しました。不足。 家に。

運輸ブームのパイオニアであることは、予想外の利益をもたらしました。 本社を首都から移転することに依然として消極的である企業は、東京での事業を徐々に縮小するために、会計およびその他のバックオフィス機能を外部委託し始めています。 この需要を利用して、バソナは島の大きなモールのフロアを借りることにより、ビジネスプロセスのアウトソーシングサービスを強化し、施設を拡張しました。

南部氏によると、同社は島に帰国したい技術エンジニアの注目を集めており、バスナはアバターやメタバースを含む新しいビジネスを始めることができます。 「高給を払っても、東京でこれらのエンジニアを引き付けることはできませんでした」と彼は言います。 同社は、島内で計画されている1,200人の従業員の約10%を雇用する予定です。

首都から離れた他の企業も新しいビジネスを生み出しています。 2021年7月、東京に上場しているタレントエージェンシーのアミューズは、車で約2時間の富士山麓に、スタジオと練習室を組み合わせた新しい本社を設立しました。

同社は、例えば顧客との面会時に書類を作成するための「トランジットエリア」として、東京にオフィスを構え、オフィスを大幅に削減しました。 「新しい本社はクリエイティブなコンテンツワークショップとして機能します」とCEOの和月伸宏は述べています。 「東京の全工程を富士山の麓に移すつもりではありませんが、場所を問わない働き方を奨励したいと思います。」 これまでに20人が山岳地帯に引っ越してきましたが、首都の自宅から必要に応じて旅行する人もほとんどです。

誰もが移行に興奮しているわけではありません。 専門家は、定期的に東京を訪問できるようにするための手当を提供するなど、スタッフとの適切な協議なしには成功できないと警告している。 「経営陣は、従業員にライフプランの変更を強いることを意味するため、移転の目的を説明するのにかなりの時間を費やす必要があります」と、Persol ResearchandConsultingの主任研究員である小林雄次は述べています。 人々は今なお活況を呈している首都に住みたいと思っているので、「企業は従業員を解雇する口実として交通機関を利用しているとさえ見なすことができます」と経営コンサルタントの日雪武氏は言います。

アミューズは富士山麓に新本社を設置
アミューズは富士山麓に新本社を設置

淡路に住むことは従業員の「精神的な富」に寄与すると南部は言いますが、東京の一部の労働者は複雑な気持ちを持っています。 「私は島に行くつもりはありません」と40代のバソナの従業員は言います。 「ここには子供連れの家族がいます。正直なところ、東京に住んでも問題ありません。」

地方自治体や企業との関係を構築することも、移行を成功させるための鍵です。 「私たちは当初、次のような質問の波に溢れていました。決定を確信していますか? “、”ここに長く滞在しますか? “、”近くの湖で魚が怪我をしていませんか? 地元の人に感動を与えるのに何ヶ月もかかった柏木さん。南部は、物事がうまくいかなければバスナが去るとコミュニティは当初考えていたと言って、挑戦を繰り返します。

「企業を遠隔地に移すだけでは、地方を刺激することはできません」と、政府が望んでいたように、KPMGAzsaの公共部門事業を率いる村松圭佑は言います。 より多くの企業が東京からの移転を決定すると考えられていますが、これらの新規参入者を歓迎する地域は、インフラストラクチャの整備と公共サービスの提供において重要な役割を果たすことが期待されています。 彼は、公的部門と民間部門がどれほど緊密に連携するかによって、東京の地方分権化の将来が決まると付け加えています。

READ  CO2 GRO Incは、多くの温室栽培者が日本の仮想植物工場会議でCO2デリバリーソリューション技術に関心を示していると述べています