Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

グロリアス| 映画レビュー

フェミニストのアイコンであるグロリア・スタイネムの驚くべき人生についてのドキュメンタリーであるジュリー・テイモアは、5人の女優を使って、彼女の人生のさまざまな段階で活動家を演じています(アリシア・ヴィキャンデルとジュリアン・ムーアがほとんどの仕事を引き継いでいます)。 時々、これらの女性は同じシーンに現れて話します。 実際、これまでで最も鮮やかな映画のメタファーであるに違いない、この映画の2時間半の休憩で、私たちは彼ら全員が人生の旅と同じバスに乗っているのを見つけます。 技術的な拡張かもしれませんが、それはしばしば機能します。

深みよりも広大ですが、それはユニークな女性の思慮深い肖像画です。彼女の根のない子供時代、インドでの彼女の住居、調査エッセイのプレイボーイバニーとしての彼女の作品、そしてフェミニスト運動の最前線での政治への参入(ベット)ミドラーはベラ・アプツーグのように大声で叫ぶ)。 シュタイネム自身の著書「マイ・ライフ・オン・ザ・ロード」に基づくと、それもまったく予測不可能であり、さわやかに自伝的です。

私の苦痛は、その作家/監督のジュリー・テイモアがジュリー・テイモア(フリーダ、宇宙を越えて、タイタス​​、ストーム、ライオンキング)、物語の様式的な記事に頻繁に含まれています。 時には物語を説明したり前進させたりすることになっています。 しかし、彼らはしばしば邪魔をして、「look-at-me」映画監督学校の玄関口を歩きます。 私にとって、Steinemの素晴らしい乗り心地は、映画ショーの仕掛けを必要としません。 また、彼は時々非常に説教し、不器用になります。 言うことがたくさんある政治や活動家の映画では、それは避けられないと思いますが、それでも嫌です。

結論:米国やその他の地域で女性の権利に対する政治的脅威が迫っていることを考えると、この映画は非常に最近のものであり、関連性があり、政治的に必見です。 (147分)

READ  ユン・ヨジョンがアカデミー助演女優賞を受賞