Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ケニアは、国内輸出を理由に日本が15億シリングのコーヒー市場を失うリスクがある


ケニアは、国内輸出を理由に日本が15億シリングのコーヒー市場を失うリスクがある


2021 年 11 月 9 日、ニエリでコーヒーの茂みの手入れをする農家。写真 | ジョセフ・カニエ | NMG

ケニアは、東京の当局が推奨されていない殺虫剤の製品への使用に危険信号を発した後、15 億シリングの日本のコーヒー市場を失う危険を冒している。

日本人は、ケニアのコーヒーから採取されたサンプルに、コーヒーへの使用が推奨されていない農薬に含まれる有効成分であるクロルピリホスが含まれていることが判明したと述べました。

当局は、サンプリングされたコーヒーから 0.06ppm を検出したと述べています。

日本は、昨年の外貨で 15 億シリングを稼いだ後、現在ケニアで 6 番目に大きなコーヒー輸入国です。

ケニア植物衛生検査局(Kephis)のマネージング・ディレクターである Theophilus Motoi 氏は、次のように述べています。 日常業務 日本の当局が採取したコーヒーのサンプルは、コーヒーに高レベルの化学物質が含まれていることを発見しました.

「日本は、レベルが日本の当局によって設定された最低要件を超えていることを発見しました。これは私たちにとって懸念事項です」と基教授は述べました。

日本の厚生労働省は現在、ケニアのすべてのコーヒー生産者と新鮮な豆の輸出業者に、倉庫と製品パッケージで自主検査を実施するよう求めています。

本教授は、コーヒーはアジアの国に出荷した最大の輸出業者の1つからサンプリングされたと述べた.

日本は、ケニア産コーヒーのコンプライアンス審査のレベルを当初の約 10% から 30% に引き上げました。

本教授は、高レベルのチェックにより、設定された制限を満たしていないというフラグが立てられる出荷が増えるため、傍受の可能性も高まると述べました。

最高経営責任者(CEO)は、輸入国が設定した基準を遵守するために、関連するすべての州機関が集まり、農薬の正しい使用について農家を教育する必要があると述べました.

韓国は2020年に、許可されている最小値を超えた高レベルの化学物質オクラトキシンを含むケニアのコーヒーを禁止し、両国の国境で拒否されました.

ケニアコーヒー生産者協会は、政府がこの問題に取り組むことを望んでおり、他の輸入国にも悪影響を与える可能性があると主張している.

「高レベルの汚染による主要市場によるケニアのコーヒーの浸食は、セクターにとって良い兆候ではありません。政府は、この課題に直面して迅速に行動しなければなりません」と協会のピーター・ジコニオ会長は述べました。

[email protected]

READ  日本の与党は、中国を中心としたジェノサイド条約への参加を呼びかけている