Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ケリー氏は石油業界に対し、気候破壊を引き起こす排出ガスに対する約束された技術的救済を証明するよう要求する

ケリー氏は石油業界に対し、気候破壊を引き起こす排出ガスに対する約束された技術的救済を証明するよう要求する

ワシントン 石油とガスの生産者 技術的な進歩について話す 彼らによれば、間もなく世界は事態を悪化させることなく化石燃料の掘削と燃焼が可能になるだろうという。 地球温暖化。 米国気候変動特使 ジョン・ケリー 同氏は、気候変動を食い止めるために、業界がこの技術を大規模かつ手頃な価格で迅速に実現できることを証明する時期が来たと述べた。

ケリー氏は、それが可能なのかどうかについて「深刻な疑問」があると述べている。

ケリー氏のコメントは、地球温暖化を遅らせるための闘いで最もホットな話題の一つ、つまりすぐに温暖化が起きるという石油・ガス生産者らの主張について、AP通信とのインタビューで語られた。 テクノロジーが導入されている 化石燃料を気候変動の主な原因とする気候破壊ガスを抽出し、企業が安心して原油や天然ガスの汲み出しを継続できるようにする。

ケリー氏は、理想的な解決策は再生可能エネルギーへの世界的な急速な移行だが、石油・ガス国や企業には技術的救済を試みる権利があると述べた。

ケリー氏は先週、国務省の気候変動チームのオフィスで「排出量を削減できるなら、それを予約すべきだ」と語った。 「しかし、私たちはまだそれを大規模に実現していません。そして、私たちはここに座って、今日持っていないものを自動的に手に入れるつもりであるかのように振る舞うことはできません。なぜなら、そうでないかもしれないからです。うまくいかないかもしれません。 」

石油会社やガス会社は、いつか石油の大部分を奪うことができるテクノロジーへの期待を示しているため、この点は世界的に重要です。 気候に悪影響を与える炭素 化石燃料、太陽光、風力、その他のクリーンエネルギーからより早く脱却するよう世界に求める国民や政府の圧力をかわすため。

「彼らが期待しているのは、排出量の回収ができるようになるということだ」とケリー氏は石油・ガス会社について語った。 関係する操作のフェーズをマークします。

同氏は、「これらのことができれば、経済的に競争力のある製品にできるかもしれない」と述べ、「価格の面で競争力があるかどうかについては、いくつかの深刻な疑問がある」と付け加えた。

特に、米国と他のほぼ200の政府が地球温暖化の最も壊滅的なシナリオを回避するために排出削減に取り組むことを約束した2015年以来、石油生産者は自らを気候変動に優しい企業であると宣伝する公共キャンペーンに数億ドルを費やしてきた。 業界の広告やソーシャルメディアのキャンペーンでは、炭素浄化技術が実際に機能し、世界中の石油・ガス施設から気候に悪影響を与えるガスを抽出しているかのように示唆することがよくあります。

石油大手BP社のウェブサイトには、「CO2の回収と輸送の技術は、世界中と米国で長年にわたって安全に運用されてきた」と記載されている。

石油大手サウジアラムコは、「技術は二酸化炭素排出を発生源で、あるいは空気から直接捕捉する」と述べ、二酸化炭素は地下に安全に保管されるか「有用な製品」に変換されると説明している。

実際、テクノロジーは 1 つの主要な気候破壊ガスを捕捉します。 メタン、石油・ガス事業のうち、大規模な展開が予定されている投資を待っています。 しかし、最大の気候要因である二酸化炭素を捕捉するために必要な技術は、依然として規模が限られており、高価であり、それ自体が多くの場合エネルギー集約的です。

国際エネルギー機関、世界の一部の政府、そして多くの気候科学者や気候変動擁護者は、二酸化炭素回収技術が役割を果たす一方で、石油とガスの生産は段階的に廃止されなければならないと主張しています。

「実際の経験では、商業規模での二酸化炭素回収プロジェクトは主張をはるかに下回っています」とエネルギー経済研究所・財務分析研究グループのデービッド・シュリッセル氏は述べた。

「二酸化炭素やメタンなどの物質を大気中に送り込み続け、いつかはそれを捕捉できると考えるのは愚かなことだと思う」とシュリッセル氏は語った。

業界団体であるアメリカ石油協会の広報担当者はコメントを控えた。 2019年の業界研究グループは、現在の温室効果ガスの4分の1を15年以内に回収するために政府に巨額の資金提供を求めた。

– API は、CCUS 商用展開の「大規模な段階」を達成するための連邦政策をサポートします。

急速な減産と技術的救済という戦いは、今年頂点を迎えるだろう。

各国が排出削減の公約を順調に達成できるよう支援することを目的とした国連主催の年次気候変動協議が、今年はアラブ首長国連邦で開催される。

会談はUAE国営石油会社のスルタン・アル・ジャベル最高経営責任者(CEO)が主催する。 米国や他の多くの国々と同様、湾岸諸国は気候変動問題を擁護しながらも掘削を拡大してきた。

11月に気候変動に関する協議に臨む際、アル・ジャバー氏は「化石燃料排出」の段階的廃止を求めたが、技術を強化するつもりなのか、それとも一部の減産に前向きなのかは曖昧なままだった。

2021年にスコットランドで開催された国連気候変動協議で、各国は世界全体で石炭の使用を削減することに初めて合意した。 翌年のエジプトでの協議では、石油とガスの段階的廃止の約束が大きく推進されたが、失敗に終わった。

拘束力はないが、今年の気候変動に関する協議で世界が石油とガスの生産を段階的に廃止し始めるという合意は初めてとなる。 そうすれば政府や業界はただちに従うようになるだろう。

ケリー氏は石油・ガス生産の段階的廃止に期限を設けるという考えを拒否した。 同氏は、それがどの程度の速度で実現するかは、世界がどれだけ早く電気自動車や再生可能燃料を利用した送電網に移行するかに左右されると述べた。

その代わりに同氏は、今年の気候変動に関する協議により、石油と天然ガスの使用を「容赦なく」段階的に廃止する、つまり炭素排出が回収されない石油とガスを段階的に廃止する国際合意が「成立する可能性が非常に高い」と述べた。 これは石油・ガス生産の急速な削減を要求する人々を失望させるかもしれない。

ケリー氏は、モニタリングの期限は2030年であると述べ、国連の最高気候委員会は、それまでに世界は地球温暖化という最も壊滅的なシナリオを阻止するために、気候に悪影響を与える排出量をほぼ半分に削減する必要があると述べた。

「ここでは欲望や希望に常識を支配させるわけにはいかない」とケリー氏は語った。 「より多くの再生可能エネルギーと既存のテクノロジーを導入することで仕事を達成できるとわかっているのであれば、そうすべきです。」

著作権 2023 AP通信。 全著作権所有。 この素材を許可なく出版、放送、書き換え、または再配布することはできません。

READ  米国控訴裁判所は、AppleのAppStoreに対する独占禁止法の命令を停止します| テクノロジーニュース