Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ケンタッキー州のナーシングホームで、日本からの新しい政府の亜種が発見されました

日本で発生したコロナウイルスの新しい亜種がケンタッキー州のナーシングホームで発見され、45人の居住者と医療従事者に影響を及ぼしました。

ウイルスのR.1変異体は、元のコロナウイルス株に関連しており、「治癒血清中の抗体に対する耐性とモノクローナル抗体の中和」につながる可能性のある「多くの異なる変異」を持っています。

進化的変異体は、抗体を回避することにより、多くのワクチン接種集団に感染することに成功しました。 この変異は、ほぼすべての居住者を対象としたケンタッキー州のワクチン接種施設で4月に発見されました。

ケンタッキー州公衆衛生局による調査 明らかに ワクチン未接種の感染した従業員は、3月上旬に発生を開始しました。

元ハーバード大学医学部教授兼疫学者であるウィリアムA.ヘーゼルト博士に掲載された記事の中で フォーブス、すでに「日米両国に足場を築いている」ため、「R.1を見る変種」を提案。

GISAID SARS-CoV-2データベースによると、この亜種は世界中で10,000人以上に影響を及ぼしています。 この変異は、デルタ、アルファ、ベータ、ガンマなどの他の懸念とD614G変異を共有しています。

E484Kと呼ばれるスパイクタンパク質の変異は、抗体に対する耐性の増加を示します。 E484Kは、負に帯電したグルタミン酸を正に帯電したリジンに変換し、ベータ、ガンマ、イータ、アオタ、ミューのバリアントで存在します。

ヘーゼルティン博士は、152番目の均一突然変異はインドで発生したデルタ株の最小の変異体の1つであると書いています。 伝染性の高いデルタ変異体は、この夏、最初にインドとアジア亜大陸に影響を及ぼし、その後急速に西に広がり、アメリカの人口に影響を及ぼしました。

発生が2020年の初めに始まって以来、ケンタッキー州は661,580件以上と8,339件の政府-19件を報告しています。 関連する死亡。 アンディ州知事は月曜日の会議で、2021年8月に州が最も多くの症例を登録したと述べた。

これまでのところ、ケンタッキー州の住民の少なくとも70パーセントがコロナウイルスワクチンの単回投与を受けていると知事は付け加えた。

「私たちが今経験しているすべてのことの中で、私たちは十分な数の人々にワクチン接種することに焦点を当てています。それがこのデルタバリアントの力です。連邦で新しいウイルスの70%をワクチン接種することは素晴らしい成果です。そして、それは多くの時間を要しました。仕事の」と彼は記者団に語った。

READ  日本のアナログCOVテストテストの需要が市民に戻る