Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ゲンナジー・ゴロフキンの日本でのモラタ・リョウタとの戦いは、カネロ・アルバレスの三部作に続く4月9日に再スケジュールされました。

ゲンナジー・ゴロフキンの日本でのモラタ・リョウタとの戦いは、カネロ・アルバレスの三部作に続く4月9日に再スケジュールされました。

GENNADY GOLOVKINは、4月9日に日本でモラタリョウタと戦います。その後、カネロアルバレスとのトリオが続きます。

カザフ人は12月のミドル級標準化でモラタに直面する予定でしたが、コロナウイルスの制限の中で中止されました。

3

ゲンナジー・ゴロフキンは4月9日に日本でモラタリョウタと戦うクレジット:gggboxing
モラタリョウタはミドル級連盟でゲンナジーゴロフキンと戦う

3

モラタリョウタはミドル級連盟でゲンナジーゴロフキンと戦うクレジット:ゲッティ

今、デュオは来月埼玉で戦い、IBFとWBAのタイトルが統一されます。

ゴロフキン(39歳)は、次のように述べています。

「日本の主催者の懸命な努力と、これからの統一闘​​争への全面的な支援に感謝の意を表したいと思います。」

「モラタリョウタは素晴らしいチャンピオンです。この美しい国と世界中のボクシングファンはエキサイティングなイベントを目撃すると思います。

「リングに戻って、日本で大きなドラマショーをするのを楽しみにしています。」

モラタ(36歳)は2019年からWBAのタイトルを保持していますが、GGGを極東に迎えることは彼のキャリアの最大の戦いになるでしょう。

無料ベット:新規顧客との取引で£2000以上を獲得

彼は次のように述べています。「偉大な英雄ゲンナジー・ゴロフキンと指輪を共有できることは非常に光栄です。

「ここ日本での歴史的なミドル級タイトル統一戦に参加できてとてもうれしいです。

「4月9日、勝利は私のものであり、日本は統一された世界ミドル級チャンピオンになるでしょう。」

2017年にGGGと提携したが、1年後に再戦に勝った、31歳のカネロは、最近DAZNとの双方向契約に署名しました。

彼は5月7日に戻ってWBAライトヘビー級タイトルのためにDmitriyBevol、31に挑戦しました。

しかし、デュオが一時的な戦いに勝った場合、ゴロフキンとのスリーウェイマッチは9月に来る予定です。

カネロアルバレスとゲンナジーゴロフキンは今年トリプルマッチの準備をしています

3

カネロアルバレスとゲンナジーゴロフキンは今年トリプルマッチの準備をしていますクレジット:ゲッティイメージズ-ゲッティ

READ  ミケル・アルテタがブライトン戦の「大勝利」を称賛し、アーセナルが勝ち点7差でリード | プレミアリーグ