Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コインベースジャパンは上場トークン数をほぼ倍増

ソース: ジェッセル・メルゴーザ/unsplash

仮想通貨取引所のコインベース ジャパンは、プラットフォームに掲載されているトークンの数をほぼ 2 倍に増やし、掲載されているコインの総数を 6 から 11 に増やしました。

ツイッターでは、 取引所の日本部門 彼は、Chainlink (LINK)、Enjin Coin (ENJ)、OMG (OMG)、Ethereum Classic (ETC)、および Basic Attention Token (BAT) の取引を開始したと書いています。

同社は昨年 8 月に日本支社を立ち上げ、最初の 3 つのトークンをリストアップしました。 その後、さらに3つ追加されました。 しかし、日本での入隊手続きは非常に困難です。 ごく最近まで、すべてのトークン リスティング アプリケーションは、自己規制の Japan Virtual and Crypto Assets Exchange Association (JVCEA) によって承認される必要があり、完了するまでに数か月かかるプロセスでした。

出典:コインベース

しかし、今年の初めに、JVCEA はプロセスを合理化し、取引所が手抜きを行えるようにする意向を発表しました。

金融規制庁は、政策変更の最終的な決定権を持ちたいと述べているが、政府の比較的仮想通貨を支持するスタンスにはしぶしぶ従っているようだ。

日本の取引所は、より多くのトークンをリストすることを望んでいます

岸田文夫首相は Web3 について熱烈に語り、国内の仮想通貨セクターにいくつかの譲歩をすることに同意した。 仮想通貨業界で働く日本の企業は、制限が多すぎると言う一方で、政敵は、日本の仮想通貨の才能と資本の両方が海外に流出していると主張している。

そのため、取引所はより収益性を高めており、リストに掲載するコインの数を急速に拡大している取引所もあります。 今年の初めに、20 を超えるトークンを上場した取引所はなく、一部の取引所はプラットフォーム上で 30 コインで年を終える予定でした。

コインベース自身の日本市場への参入は遅い。 日本の仮想通貨取引所シーンは、bitFlyer のような国内の新興企業によって支配されています。

出典: CoinMarketCap

日本の大企業の仮想通貨子会社や、Coincheck などの地元のセキュリティ会社が運営するプラットフォームも積極的に活動しています。

出典: CoinMarketCap

しかし、Coinbase の参入は昨年、同国最大の銀行の 1 つである三菱 UFJ フィナンシャル グループとの提携による立ち上げを発表した後、話題になりました。

READ  日本とマレーシアが国境を引き締め、ウズベキスタンが加盟