Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コストが利益率を押し上げるため、日本のメーカーのムードは低下します

ダニエル・リース

東京(ロイター)-ロイター・トンガンの調査によると、経済がオミグロンの変種からの圧力とエネルギーと原材料のコストの上昇に直面しているため、日本のメーカーは1月に彼らのビジネス状況についてあまり積極的ではなくなった。

毎月の世論調査では、日本銀行が綿密に監視した「トンガ」の四半期調査が示されているため、製造業者とサービス会社は今後3か月についてより楽観的でした。

大中規模企業502社の世論調査では、254社が回答した一部の企業は、商品のインフレによって収益が圧迫されていると述べ、他の企業は強い世界的な需要の恩恵を受けることについてより楽観的であると述べました。

12月 1月22日、金属製品メーカーのマネージャーは、「第7回国民投票の前に価格を引き上げる緊急の必要性がある。

ロイターの製造業者向けトンガ感情指数は、前月の4か月の最高値から12月22日の17か月の最低値に低下し、サービス指数は前月の8から23か月の最高値に6に上昇しました。 。 (結果の詳細な表については、をクリックしてください)

日銀の最新の「トンガ」ビジネス調査がメーカー間の回復が停滞していることを示した後、世界第3位の経済における一部の企業の利益率は原材料とエネルギー価格の上昇によって打撃を受けました。

「需要状況は良好ですが、原材料と燃料の価格の上昇が私たちの利益を圧迫しています」とガラスとセラミックのメーカーのマネージャーは調査で書いています。

鉄鋼メーカーのマネージャーは、「可燃性原料の価格により、マージンが縮小している。

先月発表された日銀の10月から12月の調査では、サービス部門のムードが2年間で見られなかったレベルに改善したことが示されました。

ロイタータンケンの調査によると、原材料価格の上昇の影響にもかかわらず、金属製品/機械および自動車メーカーの子会社の強い予測もあり、メーカーのビジネス信頼度は4月に29に上昇すると予想されています。

サービス部門の企業のムードは1月のレベルから14に上昇すると予想されますが、この部門の企業は、伝染性の高いOmigranバリアントを含むコロナウイルス感染の影響を引き続き感じていると述べています。

民間部門のエコノミストは、日本経済が今四半期と昨年の最後の3か月で成長すると予想しているが、国内および世界のインフレの広範なオミグランの変動は見方を鈍らせている。

ロイターのタンガン指数の測定値は、状態が良いと答えた回答者から状態が悪いと答えた回答者の割合を差し引いて計算されます。 ポジティブな読書は、信者よりも信者に関するものです。

(DanielLussinkによる報告; Richard Bullinによる編集)

READ  日本でのチップ? 会社は間違いなく実践を広めたい