Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コナミのゲーム・システム事業は9月まで黒字化

日本のエンターテインメントグループであるコナミホールディングスは、2021年9月30日までの6か月間でゲームおよびシステム部門が黒字に戻り、12.4億円(10.9百万ドル)の損失に対し、18.3億円(16.1百万ドル)の事業利益を計上しました。昨年の同時期。

コナミは、逆転は主に主要な北米市場でのCOVID-19制限の緩和と、同社のSYNKROS管理システムの新規導入によるものだと述べた。 新作の中には、6月にオープンしたリゾートワールドラスベガスとゲンティンベルハッドがあり、ラスベガスストリップで43億ドルの価値がありました。

ゲーム・システム事業の売上高は、前年同期比71.7%増の122.7億円(1億770万米ドル)となりました。

コナミのデジタルエンターテインメント、エンターテインメント、スポーツの各セグメントを含むグループ全体の売上高は、前年同期比20.2%増の1,394億9,000万円(12億2,000万米ドル)、会社所有者の利益は134.5億円(米国)から2倍になりました。米国)(1億1,800万ドル)から277.4億円(2億4,350万米ドル)。

コナミは、今後数か月以内に、生体認証技術、マネーロンダリング防止システム、キャッシュレスゲーム技術をSYNKROSに追加するなど、製品ラインをさらに改善する予定であると語った。

READ  1秒あたり50,000本以上の映画のダウンロード:日本の319Tbpsインターネット速度の意味| 世界のニュース