Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コナミは、PESの後継のeFootballが実際に発売時にデモになることを認めています

PES 後継 ウイニングイレブン 今年後半に発売されると想像できるように、9つのライセンスチームとプレミアマッチが特徴の、必要最低限​​の機能になります。 タイトルは無料になります 後でマスターリーグのような有料モードで拡張する、しかし現在、それに関連する履歴はありません。 何人かのファンは、全体がローンチ時のデモによく似ていると指摘しています。

コナミは同意する:「はい、多くの点で [it is a demo]。 できるだけ早くeFootballのトレーニングをしてもらいたいので、限られた数のチームとスタイルから始めます。 日本の出版社は、発売時にマイクロトランザクションはなく、今のところ上記のエキシビションマッチのみであると明言し続けました。

実際、eFootballは、まだ発表されていないチームビルディングモードの前任者ほど仮想通貨ではひどくないようです。「以前のゲームには強力な「宝くじ要素」がありましたが、eFootballではお気に入りのプレーヤーを指名できます。対戦した試合に基づいてアイテムを受け取るシステムであるマッチパスを使用します。無料および有料の試合チケットが利用可能になります。」

したがって、タイトルのMyClubの後継者は、特別捜査官を装ったルートボ​​ックスではなく、バトルパスシステムの恩恵を受けるようです。 正直なところ、コナミにとってこれが特にうまくいくとは想像できませんが、出版社が宿題をしたとしか思えません。 初秋に発売されるeFootballにチャンスはありますか?

READ  三菱電機のCEOがデータ詐欺で辞任することに「ショックを受けた」