Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コビッドは「ウォーターゲートよりもひどい隠蔽で武漢研究所から漏れた」、新しい本の主張-世界のニュース

パンデミックに関する新しい本である「武漢で実際に起こったこと」は、中国の武漢ウイルス学研究所からの漏出が「隠蔽された」と指摘しながら、コロナウイルスが自然起源であるという考えに疑問を投げかけています。

「武漢で実際に起こったこと」の著者​​は、彼女の研究はコビッドが研究室から漏れたと信じることに傾いていると主張している

Covid-19は、「ウォーターゲートよりも悪い」と言われている「フード」で中国の研究所から漏らされた、と彼はパンデミックに関する新しい本で主張している。

小説の最初のケース コロナウイルス このウイルスは2019年12月に武漢で報告され、それ以来、ウイルスは市内全域、おそらく「生鮮市場」で自然に発生しているという説が一般的です。

しかし、ほぼ2年後、そして世界中で発生が始まってから470万人以上が死亡しましたが、著者で調査ジャーナリストのShari Marksonは、ウイルスが漏洩したという証拠があると述べました。

シドニーを拠点とする「武漢で実際に起こったこと」の著者​​によると、彼女の調査とインタビューは、発生が中国の武漢ウイルス学研究所から誤って滑り落ちたという理論を裏付けています。

これについてどう思いますか? 以下のコメントでお知らせください



中国は研究所がウイルスを漏らしたという主張を強く否定している
((

写真:

ゲッティイメージズ経由のAFP)




東アジアの元米国外交官であるデイヴィッド・スティルウェル氏は、「これによりウォーターゲート事件が容易に見える」と付け加える前に、ウイルスが自然起源であるという中国の繰り返しの主張は「世紀のフード」であるとマークソンに語った。

トランプの任命者であるスティルウェルは、実行するのに「十分な状況証拠」があると述べたので、さらなる調査を求めた。

太陽によるとマークソンは、リークが原因でウイルスが拡散した可能性があるといういくつかの重要な証拠を指摘しています。

これには、2019年10月の世界軍事ゲームの前に武漢空港で行われたと言われている珍しい軍事演習が含まれています。

彼女は、2019年9月に、新しいレポートへの応答をシミュレートするためのトレーニング演習が実施されたという中国のメディアレポートに言及しました。 コロナウイルス



マークソンの本は、報告された軍事演習と行方不明の負傷した実験室労働者が漏れを示している可能性があると述べています
((

写真:

ウーハンウイルス学研究所)




トランプ政権下の元国家情報長官であるジョン・ラトクリフ氏は、2019年10月にコロナウイルスに最初に感染した人々の一部は「今では追跡が難しいようだ」と述べた。

1月に武漢の実験室労働者である黄燕嶺が失踪したとされることは、隠蔽工作の憶測を煽っただけだった。

元MI6チーフのリチャード・ディアラヴ卿は、「証拠の重み」はコビッドが研究室から漏れたことを示唆していると述べたが、彼はそれが意図的であるとは思っていなかった。

「証拠を冷静に見れば、これはおそらく研究室からの脱出であり、それが私たちに伝えるだけでなく、そうではないことを決定的に証明するのは中国人次第だ」と彼はマークソンに語った。







「彼らが故意に彼を釈放したと言っているのではなく、これは中国の事故だと言っているが、初日から隠蔽工作があった」と彼は付け加えた。

ドナルド・トランプの元国家安全保障顧問であるロバート・オブライエンは、中国での実験室研究の「国際的な監視」を求めたとき、これを繰り返した。

「これがウェットマーケットなのかラボなのかは、過去の健康危機の歴史を考えると少し重要ではないといつも思っていた。彼らは中国から出てきて全世界に影響を与え続けている」と彼は語った。


続きを読む





続きを読む




READ  COVID: 200 人以上のリーダーが G7 に世界の最貧困層へのワクチン接種を支援するよう要請 | G7