Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コメント/超高齢化社会の日本では火葬までの待ち時間が長い

コメント/超高齢化社会の日本では火葬までの待ち時間が長い

この秋に90歳の叔父を亡くした後、私はすぐに彼の葬儀に参列することを考えて、急いでクローゼットから喪服を取り出しました。

しかし、叔父の葬儀は6日後まで行われないことが分かりました。

遅れたのは近くの火葬場が満席だったため。

専門家によると、日本の首都周辺の大都市圏では、火葬の長い順番待ちが長年の常態となっている。

全国霊園協会の横田睦主任研究員(58)は「西日本に比べて東日本では比較的深刻な問題がある」と指摘する。 「東京や神奈川県では家族が8~10日待たなければならないことが多いです。」

同協会は昨夏、全国の火葬場や葬儀場の状況を調査した結果を公表した。

保健省の資金提供によるこの種の初の大規模研究では、参加者の25%以上が火葬まで遺体を保管するスペースの確保に苦労していることが明らかになった。

多くの場合、専門機関は1日あたり1万円(66ドル)から2万円で遺体の世話を依頼されている。 亡くなった人は、限られた期間のみ家や寺院で適切に保存することができます。

日本社会の高齢化が急速に進む中、昨年の死者数は156万人を超え、過去最高を記録した。 この数字は今後も増加し、2040年頃にピークに達すると予想されています。

しかし、いくつかの地方自治体は火葬施設の増設を急いでいる。

「これらの施設は不快なものと考えられることが多く、その建設には住民を説得し、適切な用地を確保するまでに10年以上かかることがある」と横田氏は語った。 「自治体がこうした施設の提供を無謀に控えるもう一つの理由は、20年後に予想される火葬場の需要の減少です。」

火葬場の運営者は独自の対策を講じている。

以前は日中のみ火葬を行っていたが、現在は朝と夜に遺体の火葬を受け入れている。 休眠施設もオンラインに戻しつつある。

一部の業者は、迷信深い顧客の間で伝統的に縁起が悪いと考えられている日でも営業すると言われている。

世界では、日本のように、家族が愛する人の死後、すぐに急いで葬儀を行う必要はありません。

火葬・葬儀・墓地研究イニシアチブ協会会長の武田格氏(58)によると、米国では修復や埋葬のために遺体の腐敗を防ぐ防腐処理サービスが広く利用されているという。

遠方の親戚や友人が間に合うように、送別式は急いで行われません。 儀式は少なくとも数週間後に行われることもあります。

「遺体がすぐに運び出されないよう、人々はゆっくりとお別れを言います」と武田さんは説明する。 「この種の葬儀文化は多くの国で確立されています。」

叔父の葬儀の日、火葬場では15台ものオーブンがフル稼働し、床では喪服を着た人々の集団がきびきびと動き回っていた。

この光景は、私の遺体が入った棺も、いつか同じような状況で素早く運ばれる可能性を示唆している。 そう思うと悲しくなりました。

READ  系外惑星が生命の可能性の重要な兆候を明らかにする