Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コメント:マインドフルネスと瞑想が私たちをより利己的にしたとしたらどうでしょうか?

世俗的な設定での警戒

しかし実際には、米国で行われているように、警戒が自動的に良い結果を生むのではないかと疑うのには十分な理由があります。

実際、あなたは反対のことをするかもしれません。

これは、コンテキストから外されたためです。 マインドフルネスは仏教の精神的な教えや倫理と密接に関連しているため、仏教の一部として発展しました。

一方、米国のマインドフルネスは、純粋に世俗的な言葉で教えられ、実践されることがよくあります。 多くの場合、注意を集中させて幸福を改善するためのツールとして単に提示されます。これは、一部の批評家が「マインドフルネス」と呼んでいるマインドフルネスの概念です。

それだけでなく、マインドフルネスと仏教は、人々が自分自身を考える典型的な方法が米国のそれとは異なるアジアの文化で発達しました。 具体的には、アメリカ人は、「私」を焦点として、「私が欲しいもの」、「私が誰であるか」という独立した言葉で自分自身を考える傾向があります。

対照的に、アジアの文化の人々は、「私たち」を焦点とする相互依存の観点から自分自身を考えることがよくあります。「私たちが欲しいもの」、「私たちが誰であるか」。

人々が自分自身について考える方法の文化的な違いは、さまざまな種類の水のように、微妙で見落としがちです。

しかし、これらの異なる種類の水が料理の際に味を変えることができるのと同じように、私は自分自身についての異なる考え方が目覚めていることの効果を変えるのではないかと思いました。

クロスシンキングの人々にとって、自分の経験に意識的に注意を向けることに、他の人のことを考え、彼らをより助けたり寛大にしたりすることが自然に含まれるとしたらどうでしょうか。

もしそうなら、独立心のある人々にとって、注意深い注意が彼らを彼らの個々の目標と欲求にもっと集中するように動機づけ、それによって彼らをより利己的にすることは本当でしょうか?

READ  天文学者は、惑星探索衛星を使用して、白色矮星が初めて「オンとオフを切り替える」のを確認します