Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コメント:日本はいつまで外国人に閉ざされ続けることができますか?

世論に裏打ちされた政府は厳格な国境措置を実施し、外国人の入国を禁止しているが、日米地位協定が米軍要員の出入国に大きなギャップを生み出していると非難されている。国。 。

しかし、日本は、国民の感情のために国に重要な安全保障の傘を提供してきた長期的な取り決めに本当に戻るのだろうか? 日本の指導者は、外国人がCOVID-19を治す前に国内に持ち込んでいるという国民の態度に対処しなければなりません。

正確なバランスが前進

慎重なアプローチを促した公衆衛生上の考慮事項は、多くの脆弱な市民がいる世界最古の国で理解できます。 日本の10人に3人は65歳以上です。

しかし、このように物理的な接触を断ち切ることは、日本の世界との関係を害し、外国人排斥に報いるだけである可能性があります。 テスト、ワクチン接種、およびマスクの着用は、オミクロンの亜種に対するより良い要塞です。

日本政府が外国人の帰国を許可することについての限界を開こうとしているかもしれない明るい点があります。

当局は今週、新しい留学生の日本への入学制限の緩和を発表しました。

日本で単位を取得しないと母国で出願または卒業できない政府支援の学生に優先ポイントが与えられ、その後は全外国人学生の90%以上を占める私費の学生が優先されます。

日本は昨年末にコロナウイルスの取り扱いで賞を受賞し始めました。 症例数が新たな記録レベルに急増している現在、日本は今後数週間で新たなピークに達する可能性があると推定されているため、実際のテストが私たちを待っています。

外国人の渡航禁止令を含む州の対応は、その真の性質を示すでしょう。

長谷川優香は大阪を拠点に活動する研究者で、日本の社会問題や政治について書いています。

READ  メトロタウンのメトロポリスがマイクロソフトのスペースをユニクロで埋め尽くす