Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コロナウイルスが日本中に広がるので、ゴールデンウィークの間は楽しいことはありません

東京発-日本の航空会社、エンターテインメント企業、小売業者は、コロナウイルスの急速な蔓延により政府がいくつかの都道府県で非常事態を再課した後、今年も暗いゴールデンウィークに直面している。

航空会社によると、5月5日に終了する週のフライト予約は、COVID-19に最初にヒットした昨年の同時期から改善されましたが、それでも2019年よりも大幅に減少しました。

全日本空輸の親会社であるANAホールディングスによると、4月23日までの国内線予約数は昨年比4.4倍の444,493便となった。 しかし、その数は2019年よりも58.8%少なくなっています。国際線の予約数は前年比6.6%増の8,634でしたが、それでも2019年より95.8%少なくなっています。

競合他社の日本航空も、国内線の予約は昨年に比べて3.5倍の326,873に増加し、海外旅行の予約は6.5倍の11,986に増加したと述べた。しかし、予約は2019年のレベルに近くなかった。

当局は声明の中で、「新しいコロナウイルスによる感染の再発と政府の予防措置によって深刻な影響を受けた」と述べた。

菅義偉首相は金曜日、東京、大阪、京都、兵庫で新しい非常事態を宣言した。 レストラン、バー、企業は5月11日までアルコール飲料の提供を停止する必要があります。 アルコールを提供していないレストランは午後8時までに閉店するように言われています。 政府はまた、この期間中は旅行を控えるよう人々に求めた。

列車のオペレーターも新しいCOVIDの制限に見舞われています。 前年の4月28日から5月5日までの期間に、従来線を含む日本の新幹線の総座席数は2.4倍の71万席に増加したが、それでも2019年から81%減少している。鉄道シックスグループ。 両社は今月言った。

これは1995年に登録が開始されて以来2番目に悪い数です。鉄道事業者はまた、2020年から予約可能な座席数を3%削減しました。

菅氏は、レストランやナイトライフの制限に加えて、スーパーマーケットや公園(大勢の人が集まる施設)の閉鎖も呼びかけた。

「短期間で効果的な対策を集中することにより、ウイルスの拡散を制限する必要がある」と彼は述べた。

三越伊勢丹ホールディングスは、東京都心部の4店舗のほとんどを閉鎖しますが、食料品や化粧品は営業します。 J.フロントリテイリングは、大阪の大丸心斎橋を含む9つの主要店舗で同じことを行っています。

ゴールデンウィークは通常、テーマパーク運営者にとって最も忙しい季節の1つですが、今年、サンリオエンターテインメントは4月25日から5月11日まで東京のサンリオピューロランドを閉鎖します。

ただし、オリエンタルランドは東京ディズニーリゾートをオープンしたまま、4月28日から5月11日までアルコールの販売を停止します。 4月20日から5月11日まで、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは午後8時に閉まり、各公園の宿泊人数は5,000人未満になります。

TOHOシネマズは、非常事態宣言の際、東京、大阪、京都、兵庫県の21の劇場を閉鎖します。

READ  サセックスにオープンする新しい和風ポッドドットホテル