Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コロナウイルスによる経済の不確実性の中で、日本で賃金交渉が始まる



経団連会長の十倉雅和が2022年1月25日に東京で開催された経営組合フォーラムで講演(共同通信)

東京(京堂)-コロナウイルスのパンデミックによる経済不安の中で企業が増加に向かうかどうかに焦点を当て、経営幹部と労働組合が火曜日に今春の賃金交渉を開始した。

経団連と呼ばれる日本で最も強力なビジネスロビーの十倉雅和会長は、岸田文雄首相の企業による大幅な賃上げの呼びかけにバイアスをかけ、「社会の期待を考慮して積極的に対応する」よう企業に促した。

日本経済団体連合会の戸倉会長は、労働組合経営フォーラムの開会式で述べた。

昨年10月に就任した岸田文雄氏が、利益がパンデミック前の水準に回復した企業に3%以上の賃上げを要求したことから、「移籍」賃金交渉が始まった。

経団連は1月18日に発表された賃金交渉のガイドラインの下で、「新しいタイプの資本主義を始めるのに適切な賃金引き上げをもたらすことが望ましい」と述べ、通常の昇給に加えて基本給を引き上げるよう利益のある企業に呼びかけた。岸田作。

しかし、うまくいかない企業については、COVID-19のパンデミックからの回復が事業部門間で不均一なままであるため、ロビーは「事業を継続し、雇用を維持することが最優先事項である」とそれに応じて対応するよう求めた。

一方、日本労働組合総連合会(日本労働組合総連合会)は、賃金の合計で4%の引き上げを求めています。これは、基本給の約2%に加えて、年功序列に基づく通常の賃金引き上げです。

経営・労働組合フォーラムには、大手企業の経営者や労働組合関係者が参加した。

岸田文雄は就任以来、中産階級の拡大を目指し、経済成長の確保と富の再分配による新たな資本主義の創出を優先してきました。 日本では伸び悩んでいる賃金上昇の加速が彼の議題の重要な部分です。

松野博一官房長官は、火曜日の記者会見で、「(賃金交渉は)ここ数年で下がった賃上げの水準にすぐに移行することを期待している」と述べた。

4月から始まる新年度前の2月中旬頃に労働組合が申請書を提出すると、賃金交渉が本格化する。

READ  日本は、データ侵害後のランサムウェア攻撃の増加に備えています