Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コロナウイルスに襲われた東京のクルーズ船会社は、よりスムーズな航海を望んでいます

全国で6回のコロナウイルス感染の波を経験した後、東京の八方骨遊覧船の運航者は、将来、より滑らかな海域を望んでいます。

2020年2月、船清の屋形船で男性がCOVID-19に感染したと報じられた。 国の「最初のブドウ球菌感染症」として首都で。 このニュースは、日本での流行の始まりを告げるものとして、業界に大きな打撃を与えました。

それ以来、船清は2年以上にわたって販売の減速に苦しんでいます。

3月21日、東京などで発生している健康不安への緊急対策が解除されたため、同社は「これまでと同じように活気のある事業を実現する」ことに苦労している。

幸せな時代がゆっくりと戻ってきています

3月23日の夕方、船清屋形船は、レインボーブリッジの南西2kmに位置する東京の品川区での桟橋クルーズの準備をしていました。

船は豊島区のフリーランスである長谷部芳さん(64)に貸し出され、最初の退職者のために31人の参加者で大送別会を開いた。

COVID-19の危機の間、長谷部は彼女が毎日彼女のオフィスと家の間を移動しただけだと言いました。

「コロナウイルス感染の蔓延が心配でしたが、予定通りに開催できるので安心です」と長谷部さん。 「最近の状況について、船上でお互いに話し合います。」

船清のオーナーである伊藤陽子さん(69)は、ピクニックに出かける準備をしている常連客を喜んで見守っていた。

緊急時対策が実施された2ヶ月間に少なくとも10件程度の予約があったが、当日は2組の乗客が乗車する予定だった。 やかたぶに今週末も60名様のパーティーを予約する予定でした。

「暖かくなってきたので、家から出たいと思っているようだ」と伊藤氏。 「受信者の反応は2年前よりも良くなっています。」

船清屋形船での宴会に出席した男性が2020年2月に感染したとの報告を受けた後、日本で最初の緊急宣言が発令される直前に、他の乗客や屋形船スタッフの間でCOVID-19の症例がさらに確認されました。

その後、2020年10月までの予約の半分が連続してキャンセルされました。

船清は、緊急事態が宣言されたり、緊急事態前の措置が講じられたりするたびに、「屋形船」の使用がコロナウイルス感染につながるという一般の認識により、収益が減少しました。

船清は、ウイルスの大流行前の8月に5,000万円(41万ドル)以上を稼ぎましたが、昨年の第4回緊急事態の同じ月の売上高は55万円と低かった。

船の運航者は、2020年の東京オリンピックに合わせて外国人ライダーの参加が増えると予想しており、2021年夏まで延期されたが、八方船には外国人観光客は来なかった。 代わりに、同社はバリアとストリームにウイルス対策を適用するために800万円を費やしました。

船清株式会社八方船レクリエーションボート。 東京の品川近郊のティノゾチャンネルで見られます。 (北村玲奈)

将来への希望と恐れ

長く困難な時期を経て、船清は今年1月の第6回感染の波の中でも事業が回復し始めています。

屋形船の座席に沿って窓を開けることで、この種の船はすぐに新鮮な外気を吸い込むことができ、伊藤は船清の「換気と総合的な対策」を称賛する乗客が多い。

20220331-ボート-5-L
東京の品川区にある新しいコロナウイルスへの対策として、ヤカタボーンレクリエーションボート内でテーブルが互いに分離されています。 (北村玲奈)

伊藤さんは、COVID-19に対抗するための対策に全力で取り組んでいることを嬉しく思い、お客様に感謝しました。

隅田川のほとりにはたくさんの桜が咲き乱れ、春は隅田川を流れる最も忙しい季節です。

以前は、コロナウイルスの危機が発生する前に最大600人が日帰り旅行を楽しんでいました。船清の全従業員は、何日も予約の電話に出なければなりませんでした。

船清の屋形船は、平日でも主に20名以上のグループで利用され、企業が従業員の送別会や歓迎会を開催したり、顧客企業からのワインや責任ある夕食会を開催したりしました。

オペレーターの八方渕労働者7名は、シーズン中、昼夜を問わず常に働いていました。

「私は、物事が本当に以前の状態に戻るかどうかについて、同時に期待と恐れを抱いています」と伊藤氏は語った。 「しかし、多くの乗客の顔に笑顔を取り戻すことを期待して前進し続けることは、私たちにとって唯一の選択肢です。」

(この記事は山口圭太と藤野隆明によって書かれました。)

READ  ほとんどの日本の家は短命で、22年しか続かない-そしてここに理由がある-ロブは報告する