Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コロナウイルスの時代にサーカスを生かし続ける学校について学ぶ

群馬県みどり市-パンデミック、原発事故、収益性の欠如は、日本で唯一のサーカス学校がパフォーマーの夢の実現を支援するのを阻止するのに十分な力ではありませんでした。

ここみどり市の山奥にあるサリーサーカスインターナショナルスクールは、江戸時代(1603〜 1867年)に近くの芦洋鉱山で発見された銅の輸送に使用されていた赤谷(銅道)沿いにあります。

アクロバティックなショーを見て魅了された後、20年前に劇場の演出家によって設立され、現在は元日本航空の整備士、学生、モデル、その他のキャリアを追求する若い男性が人々の笑顔をもたらしています。

大分県在住で元日本航空の整備士だった由布直樹さん(34)は、「今日の私を作ってくれた」と語った。

成田空港で働いている間、Yufuは休暇中に海外から訪れたサーカス会社によって行われたショーに触発されました。 ソリで訓練し、まるで道具の一部であるかのように、直径2メートル未満のCyr鉄の車輪を操作する方法を最初から学びます。

「観客が拍手するときの振動はリラックスしている」とユフはサーカスショーでのパフォーマンスの魅力を説明しながら言った。

ゆうふはフランスとトルコを旅し、モンゴルのサーカス団の一員として活躍。

しかし、新たなコロナウイルスの危機により、彼は日本に戻ることを余儀なくされ、彼は現在、母校で彼のスキルを磨いています。

過去20年間で約50人が卒業しました。 彼らの多くは現在大道芸人であるか、より大きなテントに移動し、サーカス団や国内外のテーマパークで彼らの技術を披露しています。

今年は6人の学生がそこで勉強します。

名古屋出身の横山千春さん(17)は、卒業生のパフォーマンスに魅了されて入学を決意した。 静岡で開催された大道芸ワールドカップストリートの大道芸イベントに行って、バックハンドやジャグリングをしながら観客を楽しませてくれる曲芸師を見に行きました。

「その場所の孤独は素晴らしかった」と横山は言った。 「これは、私も同様に自分のスキルを磨きたいと思ったと思いました。」

プログラムは通常4年間で、学校は短期間の参加を希望するさまざまな学生も受け入れます。 入場の唯一の条件は、近くのスーパーマーケットから車で約40分の個人の住居に住んでいる必要があるため、自分で食事を作ることです。

年間授業料は30万円(2,700ドル)です。 午前中はプロの体操選手の指導の下、体力を伸ばし、午後は自分でスキルを磨きます。

アカデミーは、訓練施設として旧小学校の建物を使用しています。 ジムはエクササイズの拠点として機能し、フライングリングとハンモックを備えています。

「サーカスパワー」

学校は2001年に設立されましたが、ビジネスを続けることは常に困難なバランスを取る行為でした。

「サーカスの伝統を守りたい」と、教育施設を運営する非営利団体の社長で元学長の西田圭一さん(77)は語った。

西田は約45年間、アンダーグラウンド劇の脚本・監督を務めてきました。 西田は「演劇のインスピレーションを得る」ことを目的にサーカスのテントに落とされた。

そこで、彼は飛行機の空中ブランコと長い一輪車でパフォーマーの「技術の正直な美しさ」に没頭しました。

「ミイラハンターは(古い日本のことわざのように)ミイラになりました」と西田は、彼がどのようにして彼が学びたいと思ったものになったのかを思い出しながら言った。

彼はしばしば公演を見に行き、最終的にサーカスの作戦に参加し始めました。 しかし、業界は衰退していました。 人々は他の形式の娯楽に目を向けていました。 映画館やテレビはますます人気が高まっています。

そのため、西田はより多くのファンを獲得するために、ほぼ10年間季刊誌を発行しました。

その過程で、西田はいつか「専門学校」を設立するというアイデアを思いついた。

彼の夢は、現在みどり市の役人である関口和太(現在68歳)と出会ったときに実現しました。

彼らは、自治体が主催するサーカスをテーマにしたイベントでお互いを知るようになりました。 関口は西田の計画を思いつき、地元での公演のアレンジに一生懸命取り組んだ。

ウクライナからの世界チャンピオンの体操選手が学校の最初の教師になるように招待されましたが、アカデミーは財政的にストレスを感じていました。

東京電力福島第一原子力発電所の事故後、当局は土地の一部が高放射能地域であると判断したため、アカデミーはしばらくの間自主的に閉鎖しなければならなかった。 学生がほとんどいなかったとき、彼はいつものように仕事を続けることができませんでした。

しかし、これらすべての困難にもかかわらず、それは西田が学校を続けることを妨げませんでした。 彼は、生徒たちがトレーニング施設を去るのを見てとてもうれしかったと言いました。

「演奏したい若者が参加している限り、働き続けたい」と西田は語った。 「それは儲からないが、それは私の義務である。サーカスショーは人々に希望を与える。サーカスショーは人々を幸せにする。私はサーカスの力を信じている。」

パフォーマーにとって厳しい時期

学校や業界の卒業生は苦労していますが、サーカスが直面しなければならない通常の闘争のためではありません。

進行中の健康危機は、世界中のサーカス団に深刻な打撃を与えました。 日本で有名な外国企業であるシルク・ドゥ・ソレイユは、昨年6月に破産を申請しました。

日本の主要なサーカスグループもまた、長期間にわたって公演を中断することを余儀なくされています。

大阪を拠点とするポップサーカスは、昨年2月から観客の安全を確保するため、観客の前での公演を控えている。 最初はヨーロッパ、アメリカ、中国からの70人のメンバーのほとんどが帰国しました。

ポップサーカスの久保田聡社長は「毎日、なぜ演奏しているのか自問自答している」と語った。

しかし、それにもかかわらず、彼らはショーを続けることを決意しています。

「サーカスを灯し続ける」というクラウドファンディングキャンペーンを通じて支援を募ることで、久保田は総額1,000万円を集めることができました。 その後、「影響力のあるライブパフォーマンスが見直されるまで、確実に業務を再開する」ことを決意した。

岡山にある老舗の木下大サーカスは、6月から大阪府で公演を開始し、観客数を約20〜50%削減しました。 また、クラウドファンディングキャンペーンを通じて3000万円を調達しました。

木下大サーカスのディレクター、木下秀樹は「会場が満員になり次第、いつかシーンを設定します」と語った。

大阪を拠点とするハッピードリームサーカスは、昨年春、福岡県飯塚市の海上コンテナハウスに一時的なものだと考えて店を構えた。 しかし、ウイルスが全国に広がったため、彼女は10か月間そこで立ち往生していることに気づきました。

ハッピードリームサーカスは、換気と消毒の手順を改善することにより、宮崎でのパフォーマンスを再開することに成功しました。

ハッピードリームサーカス書記長の鈴木恒人氏は、現在、ステージ上で「元気と笑顔をお届けするためにここに来ました」と挨拶をしている。

READ  日本のビジネスジャイアンツレディNFT、ブロックチェーン開発の動き