Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コロナウイルスの蔓延に対する制限は、日本の観光の回復を妨げます

政府がコロナウイルスのパンデミックの制限の中で2年間外国人旅行者に対して大部分が閉鎖されていた国境を再開すると発表してから2か月後、日本を訪れる観光客はほんの一握りです。

アナリストによると、日本、韓国、香港が検疫や一部の法域での検査など、コロナウイルスのパンデミックの制限を維持することを主張しているため、この地域は世界から除外され、観光の回復が鈍化しています。

今とは全く対照的です [parts of] Sobie Aviation の旅行業界アナリスト、Brendan Sobie 氏は次のように述べています。

Sobe は、東南アジアと南アジアの国々がすでに制限を解除しているため、東南アジアと南アジアの観光はより速く回復していると付け加えました。

「この地域に戻ってくる観光客はあまり多くなく、以前に夏休みを予約していました。 [restrictions started lifting]そのため、観光客の回復が遅れています。」

日本は6月に国境を再開しましたが、外国人観光客を引き付けるのに苦労しており、旅行者には「出入国」ガイドの同行を義務付ける厳しい旅行ガイドラインがあります.

インタラクティブなグラフィックのスクリーンショットを表示しています。 これは、オフラインであるか、ブラウザで JavaScript が無効になっていることが原因である可能性があります。

再開はまた、伝染性の高いオミクロンBA.5バリアントによって引き起こされたパンデミックの開始以来、国内で最大のコロナウイルスの発生と一致しました。 日本の毎日のCovid-19症例は、先週初めて250,000件の感染を超えた後、今週は200,000件を下回りました。

日本政府観光局によると、円の価値が急落したにもかかわらず、6月に日本に入国した旅行者はわずか120,400人で、国境がまだ閉鎖されていた5月と4月よりも少なかった.

これらの訪問者のうち、252 人だけが観光客でした。 2019年には約3200万人の観光客が日本を訪れました。

米国の旅行会社TCS World TravelのセールスディレクターであるClara Pelham氏は、主にガイドラインの混乱により、日本の主要都市で彼女のプライベートジェットを伴うツアーの需要が非常に低いと語った.

「消費者や旅行アドバイザーでさえ、日本に到着した後に直面する可能性のあるその他の制限については明確ではありません」とペラム氏は述べています。

「これらの制限の一部が解除されるまで、日本は競争力のある目的地にはなりません。」

しかし、政府は結婚式や葬式などの「特別な例外的状況」で外国人に短期ビザを付与しているため、公式の数字は日本に旅行した外国人旅行者の数の全体像を提供しない場合があります.

中国の国境は閉鎖されたままであるが、香港は5月から外国人観光客の訪問を許可し始めたが、先週3日に短縮された最低7日間の検疫を維持している. 孤立は旅行業界を押しつぶし、中国の土地経済を再び不況に追い込んだ。

「私たちは内側を持っています [tourism] チームは冬眠中です。 香港のジェブセン ホリデイズのマネージング ディレクターであるリリー アゴノイ氏は、次のように述べています。 「検疫が必要な場合、なぜ観光客は香港に来るのですか?通常、観光客は4、5日しか来ません。」

旅行アナリストのソビエ氏によると、韓国は北アジアの目的地の中で「最も開かれた」国ですが、仁川空港は第2四半期に2019年と比較して17%多くの旅客輸送を記録しました.

韓国に到着するすべての乗客は、到着後 24 時間以内に PCR 検査を受ける必要があります。

観光客数を増やすため、ソウル市当局は今月、日本、台湾、マカオからの観光客に対して、8月の残りの期間、韓国へのビザなし入国を一時的に許可すると発表した。 日本人観光客が韓国の観光ビザを取得するまでの平均待ち時間は 3 ~ 4 週間です。

4月、韓国は残りのすべての社会的距離措置を放棄し、Covid-19を結核やコレラなどの状態とともに「カテゴリー2」の病気に格下げしました.

READ  日本の首相は、米軍基地がCOVID-19に対してより厳しい規制を課していると述べています