Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コロナウイルスを恐れて、ほとんどの日本企業はオリンピックをキャンセルまたは延期すべきだと言っています:ロイター世論調査

萩本哲史脚本の作品

ロイターの調査によると、日本企業の70%近くが東京オリンピックのキャンセルまたは延期を望んでおり、医療システムに深刻なストレスがかかっているときに、ゲームによってコロナウイルス感染が増加するのではないかと懸念しています。

大会まであと9週間で、一部の地域では医療スタッフや病床の不足につながる感染症の急増に対処するために、月末まで日本のほとんどの地域で緊急事態が課されました。

国の予防接種プログラムも特に遅く、予防接種を受けた人口はわずか4%であり、7か国のグループの中で最も低い割合です。

5月6〜17日に実施された企業調査によると、37%の企業がキャンセルを支持し、32%が延期を望んでいます。

特に、月次調査で同じ質問をした2月から申立人が増えた。 次に、29%がキャンセルに熱心で、36%が遅延を好みました。

「現在の状況ではオリンピックを進める方法はない」とマーデンのマネージャーは世論調査で書いた。

「政府が行っていることは、よく計画されているようには見えない。政府が行っているのは、不安を広めることだけのようだ。」

世論調査の結果は、世論調査とほぼ一致しています。

政府と国際オリンピック委員会は、大会が開催されると繰り返し述べている。 予定されている10,500人のアスリートの約70%がすでに資格を取得しています。

すでに1年延期されている試合がキャンセルされた場合、4分の1の企業が重大な経済的損失を予想しています。 しかし、60%近くが経済的損失は限定的であると述べ、別の13%は経済的損失が比較的小さいと予想していると述べました。

Nikkei Research for Reutersが実施した世論調査には、約480の大中規模の非金融会社が含まれ、そのうち約230がオリンピックに関する質問に回答しました。 回答者は匿名を条件に調査に参加します。

萩本哲史作成、エドウィナ・ギブス編集)

READ  イヘアナチョはレスターコミュニティシールドを獲得するために無駄な都市を罰する| コミュニティシールド