Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コロナウイルス:日本は記録を樹立した第7の波に苦しんでいます| アジア| 大陸全体からのニュースの詳細| DW

ほんの数週間前、日本のコロナウイルス感染症は1日約1万件にのぼり、最悪の健康危機は終わり、夏休みは以前よりも快適になるという楽観的な見方が全国にありました。 過去2年間。

しかし、過去と同様に、ウイルスは変異し、感染の急増を引き起こしました。 土曜日に、当局は記録的な20,975の新しいケースを記録しました。

健康の専門家によると、日本を席巻した第7の波は、ウイルスの伝染性BA.5オミクロンサブタイプであり、国の47都道府県のうち17県が記録的な症例を報告しています。

月曜日に、当局は、1億2580万人の国である日本で合計1139万人の確定症例があり、31,902人が死亡していることを確認した。

岸田文雄首相は国民に「細心の注意」を呼びかけたが、政府は、日本での発生の最初の2年間を中断させた非常事態を再課する計画は現在のところないと述べた。

危機の初期以来、ウイルスの致死率は低く、政府は公衆衛生上の懸念と国民経済を軌道に戻す必要性とのバランスをとろうとしています。

予防接種はエスカレートしました

当局は、医療従事者、高齢者、および彼らを最も脆弱にする根本的な状態にある人々に焦点を当てて、ワクチンの第4ラウンドの提供を増やしています。 現在までに、日本人の31%以上が4回のワクチン接種を受けています。

経済回復担当大臣の山木和大一郎氏は、日曜日に、12歳から40歳の人々の70%近くがまだ3回目の服用を受けていないことを指摘し、3回目の服用をする若者に新たな焦点が当てられています。

日本感染症協会の会長であり、2020年初頭の健康危機の発生時に日本政府に助言するために設立された諮問委員会のメンバーである立田和弘氏は、国が「困難な状況」にあることを認めた。

「BA.5の亜種は非常に急速に普及しており、月末までに日本の全症例のほぼ100%を占めると予測しています」と彼はDWに語った。 「そして、予防接種キャンペーンは前向きでしたが、有効性が失われ、高齢者が再びリスクが高まることを懸念する必要があります。」

諮問委員会は、第7波が8月の第1週または第2週にピークに達すると予想しており、新しい症例の数が今後しばらくの間、新しい毎日の最高値を設定することに留意しています。

「私たちはまだウイルスについて学んでいますが、その広がりに寄与する最大の要因は、変異してますます伝染する能力であることは明らかです」と彼は言いました。

他の要因には、社会的距離などの安全対策に警戒を怠る人が増え、定期的に手を消毒し、バーやレストランなどの他の人との限られたスペースにいないことが含まれます。

理由が何であれ、ウイルスの新たな拡散は全国の人々の計画を台無しにしている。

日本全国に影響を与える

名古屋グランパスエイトサッカーチームの9人の選手が最近陽性を示し、試合をキャンセルせざるを得なくなり、相撲取りの力士三宅久は名古屋でのトーナメントからの撤退を余儀なくされました。

国内旅行業界の打撃を受けて全国旅行支援プログラムの計画は延期され、松野官房長官はウイルス陽性の検査を受けて自宅で自立している。

木曜日、沖縄県知事の玉城デニーは、病院がコロナウイルスの症例を吸収しそうになっていると報告されたため、南部県で救急医療を宣言した。

地元の人々は、深刻な病気の場合にのみ医療援助を求め、ウイルスの軽度の症状が現れた場合は自宅で隔離するよう求められています。

沖縄はこれまでのところ今回の発生で最も大きな打撃を受けたと立田氏は語ったが、日本の最北端の州である東京、大阪、北海道では状況は「非常に心配」である。

BA.5ウイルスの蔓延率は多くの人々を驚かせた、と北海道保健科学大学の感染管理教授である塚本陽子氏は、最悪の事態はまだ来ていないかもしれないと警告した。

感染症「止めることは不可能」

「誰もこれを期待していなかったと思う」と彼女は言った。 「日本の人々はマスクやその他の予防策のガイドラインに従ってうまくやってきたと思いますが、私たちが何をしても、この感染を止めることはほぼ不可能であるという点に到達しています。

「私はケースでこのスパイクを本当に超えて見ています、そしてそれは今私を本当に心配しているのはBA2.75「ケンタウルス座」です」と彼女は言いました。 5月上旬にインドで最初に発見され、東京、大阪、神戸の各都市で散発的な症例が報告されたと彼女は述べた。

「この突然変異は、私たちが以前に見たよりも非常に伝染性が高く、伝染性が高く、BA.5よりも3倍感染性が高い可能性があるようです」と彼女は述べた。 「突然変異のために、ワクチンが何の保護も提供しない可能性があり、現時点では、これがどれほど危険であるかを予測することは不可能です。」

編集者:Srinivas Mazumdaro

READ  Rocket Labは、最初の試みでヘリコプターを使用して空からミサイルを奪い取ります