Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コワーキングスペース24時間様々な使い方

近年、働き方改革により多くの働き方が生まれました。フレックスタイム制やフリーランス、拠点オフィス外で勤務したりと時間も場所も囚われる事が減ってきました。その中でコワーキングスペース24時間やレンタルスペースなどで仕事や作業する人が増えました。コワーキングスペースやレンタルスペースの様々な使い方をまとめてみました。

コワーキングスペースやレンタルスペースの様々な使い方

コワーキングスペース24時間やレンタルスペースには、様々な使い方があります。24時間利用できるスペースを増えてきており、さらに様々な使い方が増えています。

・ステライトオフィスとして使う

近年、コワーキングスペースをステライトオフィスとして使う企業が増えています。

サテライトオフィス コワーキングスペースとは、企業や団体の本社・本拠から離れた場所に構えてあるオフィスのことを言います。ステライトオフィスを設置することで多くのメリットが生まれます。

・会議室として使う

コワーキングスペースやレンタルスペースを会議室として利用する事が可能です。普段自宅や喫茶店で働いているフリーランサーなどが会議したりする際、喫茶店などですると周囲の人に会議の内容を聞かれたりする恐れがあるので、情報漏洩しないように会議室として利用したりします。

READ  「勇気」:日本のアスリートとナオミが大阪に声援を送る | 大坂なおみ