Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コ・コは、東京オリンピックは安全だと日本を説得することを主張している

陸上競技のセバスチャン・コー会長は火曜日、オリンピックはより安全な東京大会を組織するためにできる限りのことを日本人ができるようにするために、より多くのことを行う必要があると述べた。

7月23日に開幕する東京オリンピックの中止は、日本でも国民が維持している。 これは、スポーツ組織が健康プロトコルを開発し、「課題の本質を理解する」ために何千時間も働いてきたという事実にもかかわらず、世界アスリートのGo会長は夏のスポーツ会議で語った. 役員

続きを読む | すべての道 – 封鎖された道 – 東京オリンピックにつながる

COVID-19の流行時に東京プログラムで33試合のイベントを企画する専門知識について、ゴ氏は「日本で最高の秘密のようだ」と語った.

コー氏は、オリンピック関係者は、オリンピックに対する国民の反対の報告を毎日受け取っていると指摘した。

オリンピックのために東京に約11,000人のアスリートと数千人のコーチ、ジャッジ、チーム役員、メディアが集まり、オリンピックを安全に保つために、誰もがテスト、輸送、他の人との接触に関して厳しいルールに従わなければなりません.

2度のオリンピックチャンピオンで元英国議会議員のコーは、「関係者全員の安全のために、これほど先見の明のあるイベントを知らなかった」と語った.

そのメッセージは日本でもっと伝えられるべきだと彼は言った。

ゴー氏は、オンライン会議で国際夏季オリンピック連盟のメンバーに、「オリンピックの前に、正直に言えば、それはおそらく以前に行われるべきだったでしょう.

「これは、私たちが毎朝目を覚ますいくつかの調査結果を、より無害なものにする方法になるでしょう。」

ASOIF のフランチェスコ・リッチー・ピッティ会長は、オリンピック前の世論が「唯一の懸念事項」であり、オリンピック史上最高の意見の 1 つであることを認めました。

READ  日本最大のブローカーである野村アルコスは3130億ドルの損失を記録