Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コーヒーショップから新興技術へ:労働力の問題を解決するためにロボットバリスタを作成した男

シンガポール:日本で最も忙しい駅の1つで、エラという名前のバリスタが静かに、しかしすばやく一人で働き、小さな透明なブースからコーヒーを淹れ、提供しています。

顧客がモバイルアプリを介して注文した後、エラは仕事に取り掛かり、最初に腕を伸ばして紙コップを取り出してから、コーヒーマシンに置きます。 数分以内に、熱い一杯のコーヒーの準備が整います。

次にエラはマグカップを「小さな穴」に置き、顧客はQRコードをスキャンした後に飲み物を手に入れることができます。 プロセス全体は非接触型です。

エラは、できるだけ早く注文を処理することに重点を置いています。 彼女は休憩を取らず、24時間働き、1時間に最大200杯のコーヒーを作ることができます。

エラは12月8日に作業を開始して以来、複数の列車のターミナルである忙しい東京駅で何千人もの乗客にサービスを提供してきました。

「雇用主」のキース・タンを喜ばせた。 これまでの彼の観察に基づいて、日本の消費者はシンガポールからのバリスタとキオスクの自動化されたキャッシュレス注文システムを簡単に利用しています。

「顧客はそれを気に入っています」とタンは、東京からズームを介して中央通信社に話しかけたとき、晴れやかに言った。

スムーズな立ち上げは、自動コーヒーメーカーであるエラを完成させるための3年にわたる勤勉な努力の結果です。

「当時は非常にシンプルでしたが、すべてのテストを経て、エラが誰の助けも借りずに独立して作業できるようになりました」と、41歳の創設者であるタンは述べています。シンガポールテック。 CrownDigitalのスタートアップ。

Ellaは、6軸のロボットアームだけでなく、独自のモバイルアプリ、支払いゲートウェイ、eウォレットを備えたモノのインターネットに接続されたソフトウェアに取り組んでいます。 AIを利用したビジョンシステムは、24時間体制で運用を監視して流出などの異常を検出し、ディープラーニングと予測分析はキオスクでの補充などのサプライチェーンのニーズを満たすのに役立ちます。

東京駅の他に、エラは横浜駅の喫茶店にも配属されています。 ここでは、非接触型POSシステムを介して行われる食品の注文を処理する人間と一緒に作業します。

READ  日本政府はウイルスリスクを最小限に抑えながら6月の経済見通しを維持します