Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ゴールウェイ芸術センターが12月のプログラムを発表

来週、ゴールウェイ芸術センターで3つの個展が始まります- 陸上競技 MícheálÓCathain著、 為替 ケビンゲイナーによって、そして 黒乳 日本人アーティスト大坪美穂。

Lúthchleasaは、MícheálÓCatháinによる新世代のアートワークの展示会で、初期のアイルランドのウクレレの伝統に従事するプロセスを紹介しています。

10年以上の間、ミシェルはハープの金属と木の人間的なタッチによって提供される形と音、および1792年のベルファストハープ会議で若いエドワードバンティングによって書かれたメモにエンコードされたルスクレアサパターンを発見してきました。

展示会は12月22日までゴールウェイ芸術センターギャラリー1で開催され、12月18日土曜日にゴールウェイ芸術センターのノーンズアイランドシアターでミシェルが発表したウクレレ、音響、電子機器に関するソロコンサートで締めくくられます。 チケットはEventbriteから入手できます。

ケビンゲイナー外貨両替所はゴールウェイアーツセンター、ギャラリー2にオープンします。ケビンはゴールウェイアーツセンター賞とエンゲージアートスタジオエマージングアーティストアワード2020の受賞者です。

彼の作品の多くは、国際国家とそれを支え、維持するメカニズムを探求しています。 中央同盟国としての欧州連合とその中でのアイルランドの役割に焦点を当て、グループを分類する彼の実践は地理のレンズを通して反映されています。

ゴールウェイ芸術センターは、12月8日から15日まで、センセーショナルな国際的アーティスト、大坪美穂をギャラリー3で開催します。

大坪は国内外で数々の展覧会を開催してきましたが、ヨーロッパで初めての展覧会となります。 大坪の作品は、ヌアラ・ニー・ドムネイルの詩に触発されました。

大野光子の日本語訳を通して、ニ・ドムニエルの「Imram」シーケンスと彼女の詩「Dub」に従事し、大野光子は非常に個人的かつ強力な方法でテキストのテーマに応えました。

大坪のインスタレーション「ブラックミルク」と、詩的な世界であるニ・ドムニルの優しい同化を示し、移住と移動というコアテーマを反映した作品を展示します。

良識の共和国:人権、現代アイルランドの詩、NUIゴールウェイ研究プロジェクトはゴールウェイ芸術センターで大坪ギャラリーを主催しています。

ゴールウェイ芸術センターの12月のプログラムの各アーティストは、サウンドワーク、没入型インスタレーション、ビデオ、パフォーマンスを通じて、研究、翻訳、音楽、交換、言語のシステムの複雑な視覚化とのユニークな相互作用を開発しました。

READ  細田守が初公開日と声を確認