Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ゴールデンウィークは慎重に戻ってきます

ゴールデンウィークは慎重に戻ってきます

日本は4月29日から5月5日までゴールデンウィークの休日を祝い、3年ぶりにCOVID-19の蔓延を防ぐための緊急宣言や同様の命令はありません。

長期休暇の週には、何百万人もの人々が他の州の故郷に戻ったり、楽しみのために旅行したりすることが期待されています。

地方自治体は制限の欠如に神経質になっています。 同時に、COVIDと一緒に暮らすための最初のテスト期間と見なされます。

小池百合子東京都知事は4月28日の記者会見で、「休暇中は人々がより自由に感じる。だからこそ、この時期に個人の安全対策を忘れてほしくない」と述べた。日本では、手を洗い、マスクを着用し、部屋を換気します。

ゴールデンウィークの休暇期間が3年ぶりにCOVID-19の緊急注文なしで始まるため、2022年4月29日に羽田空港の国内線ターミナルビル。

4月28日の新たな感染者数は5,394人で、今週の平均は1日あたり約50,50.6人でした。 1週間前に記録された5,905件のCOVID-19の新規症例からは減少していますが、レベルは高いままです。 専門家は、「新たに感染した人の数が十分に減少する前に再び増加し始めることはないので、人々は警戒を続けなければならない」と主張している。

ゴールデンウィークの期間中、主要都市のショッピング地区や娯楽地区には群衆が集まることが予想されます。 東京の人気地区では、制限措置が講じられていた2022年1月から3月に比べて、4月中旬からナイトライフを楽しむ人の数が30%増加しました。

懸念の理由の1つは、COVID-19のオミクロン変異体の優勢なBA.1株が減少している一方で、より伝染性があると考えられている新しいBA.2変異体がより頻繁に出現していることです。 4月12日から18日の週に、東京での新しい毎日の症例の89.4%がBAからのものであると疑われています。 2王朝。

予防接種は感染を減らすための鍵です。 しかし、若い世代の3番目のワクチンに対する予防接種の割合はまだ低いです。 4月26日の時点で、東京の20代の人々の34.2%だけが追加免疫を受けていました。

「特に若者はゴールデンウィーク中にワクチン接種を受けたいと思うべきだ」と小池知事は促した。

関連している:自宅で、パジャマで:パンデミックは日本のゴールデンウィークで混乱につながる

(日本語で記事を読む このリンクで。)

著者:産経新聞

READ  デイジー・メイ・クーパー、ジェームズ・ボンド映画への出演交渉中