Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ゴールドマン・サックス、元日銀チーフエコノミストの小谷哲氏を採用

ゴールドマン・サックス、元日銀チーフエコノミストの小谷哲氏を採用

ゴールドマン・サックス・グループは、世界の投資家がアジアへの関心を高め、長年にわたる金融刺激策から脱却する中、調査チームを強化するために元日銀チーフエコノミストの小谷明氏を雇用した。

火曜日の声明によると、大谷氏は東京のウォール街銀行の証券部門に上級経済顧問兼日本担当マネジングディレクターとして就任した。 同氏の任命は、同社の元チーフ日本エコノミスト、馬場直彦氏がバークレイズに入社してから数カ月後に行われた。

日本は、企業利益を増やすための変革を加速しながら、数十年にわたるデフレの克服に近づき、国際的な注目を集めています。 3月にマイナス金利政策を解除して以来、エコノミストらは中銀が次にいつ利上げするかを議論してきた。 大谷氏は経済学者として30年以上の経験があり、ロチェスター大学で経済学の修士号を取得しています。

大谷氏は最近、日銀のチーフエコノミストおよび調査統計局長を務めた。 以前は金融市場局の責任者として債券購入やその他の市場運営を監督していた。

ゴールドマンのチーフエコノミスト兼社長のジョン・ハッジウス氏は「世界の投資家が日銀とその金融政策正常化に向けた道筋に注目している今、大谷さんの日本経済に対する豊富な経験と深い洞察は、当社の顧客にとって貴重なリソースとなるだろう」と述べた。サックス。 Global Investment Research の出版物で報告されました。

ゴールドマン・サックス率いる大手投資銀行が昨年国内で増益を達成したことを受け、債券取引は活況を呈し、世界的な厳しい環境の緩衝材となった。 年次報告書によると、ゴールドマン・サックス・ジャパンの純利益は392億円(2億4400万ドル)に増加し、14年間で最高となった。

READ  NS。 日本の韓国第2外交官が不正行為のために家を注文した