Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ゴールドマン・サックスジャパンのトップが異動で退任

ゴールドマン・サックスジャパンのトップが異動で退任

エディターズ ダイジェストを無料で開く

ゴールドマン・サックス・ジャパンのトップが辞任し、即時辞任することになり、東京の金融業界最大手の一人のキャリアに終止符を打つことになる。

約70歳の持田正則氏の突然の退職は、ゴールドマンでの38年間のキャリアを経てのことであるが、その間、米国の投資銀行は日本での知名度を大幅に高め、国内でいくつかの注目度の高い取引に関与するようになった。

ゴールドマンに近い関係者らによると、持田氏は2001年に当時のハンク・ポールソン最高経営責任者(CEO)によって当初東京のトップ職に任命され、2024年中に銀行を退職する予定だったが、ここ数日でその決断が下されたという。それ。 そのプロセスをスピードアップするために作られました。

ゴールドマンに近い2人の関係筋は、持田氏の退任スケジュールの加速は、モルガン・スタンレーやJPモルガンなどますます攻撃的になるライバルとの取引を巡ってゴールドマンが東京で新たなリーダーシップを必要としているという社内の懸念の高まりを反映していると述べた。

ゴールドマンの銀行関係者らは、日本企業が経営陣による買収や現地統合、その他のM&A取引など、ますます豊かな市場に目を向けているため、ここ数カ月で危機感が高まっていると話す。 一方、長い休止期間を経た日本株式市場への世界の投資家の注目は高まっている。

LSEGがまとめたデータによると、日本企業が関与するM&A取引総額は、2023年最初の9カ月で前年同期比14%増の1110億ドルとなった。

近年、日本のゴールドマン・サックスも人材の大幅な流出に悩まされている。 2018年に何人かの主要人物が東京オフィスを退職してソフトバンクに入社し、他の数人は成長を続ける日本のテクノロジー系スタートアップ企業群で働くよう誘われた。

証券会社に近い関係者の中には、投資家が市場から資金を流出させ、日本が最も注目される市場の一つとして浮上している中、持田氏の引退が新世代の銀行家が銀行業務を引き継いで活性化する道が開かれることを期待する人もいた。 中国。

持田氏の下でゴールドマンは東芝の財政救済に中心的に関与するようになり、2000年代初頭のある時点で東芝を日本最大のゴルフコースオーナーの一つに変えた。

持田氏は、1980年代の日本では「金融業界は地元企業によって独占されていた。米国の銀行は市場である程度の成功を収めていたが、主に部外者が経営するものとみなされていた」と持田氏は同行就任35周年を祝うブログ投稿で述べた。 「地方自治には限界がある。私はゴールドマン・サックスにチャンスがあると思った。」

持田氏のリーダーシップの下、ゴールドマンは、2012年の新日本製鉄とライバルの住友冶金工業との225億ドルの合併や、東芝による180億ドルのメモリチップ事業売却など、日本最大級の取引に参加することで日本での存在感を大幅に拡大した。彼が率いるコンソーシアム。 ベインキャピタル、2017年。

ゴールドマンの広報担当者はコメントを控えた。

READ  日本の通貨外交官、東京は米国と為替対話を継続中だと語る