Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ゴーンの逃亡中の共犯容疑者が東京の法廷に出廷する

前者を支援したとして非難された2人のアメリカ人 日産自動車のカルロスゴーン社長は、1年半前に日本での裁判を免れ、月曜日に東京地方裁判所で審理される前に出廷する予定です。

マイケル・テイラー(60歳)とピーター・テイラー(28歳)は、ゴーンが金融上の違法行為の容疑で直面していた2019年12月に日本からの脱出を不法に支援した罪で起訴されました。 収入を損ない、会社のお金を個人的に使用したという申し立てを否定した元CEOは、オーディオ機器に関する事件で日本から密輸され、現在住んでいるベイルートにたどり着きました。

3月、父親と息子のデュオは、まれな身柄引き渡し事件と見なされていた事件で起訴されるために日本に連れてこられました。 元自動車業界のCEOが映画でデザインした脱出後、日本の司法制度に待望の勝利を収めました。 その月の後半、検察 二人はゴーンを助けたとして正式に非難された。

続きを読む:東京の仕事:カルロスゴーンのベイルートへの脱出の内部

READ  記者が男を「殴る」と脅した後、ITVは謝罪する| ITV。チャンネル