Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サウジアラビアと日本は、コーランで説明されている戦争でアニメーションを作成します

サウジアラビアとの共同アニメ制作が現在日本で展示されており、イスラム教の最も神聖な本であるコーランに描かれている古代の戦争を面白いアクションアドベンチャードラマとして描いています。

「TheJourney」のストーリーは、かつての泥棒であった友人のJuraraと一緒に、象の軍隊を率いてメッカを攻撃するために他の同盟国とアフリカと戦うAwsという名前の若い男を中心に展開しています。

このプロジェクトの起源は、サウジアラビア皇太子ムハンマドビンサルマンの日本のアニメやビデオゲームに関心があります。 10年前、シンジは清水を中東の首都リヤドに招待し、Toy AnimationCoのプロデューサーとコラボレーションについて話をした。

Anim Studioは当初、サウジアラビア初のアニメーション映画にする前に、Salmanによって設立された財団の子会社であるMangaProductionsとテレビシリーズを共同制作しました。

殿岡敦弘は、サウジ側から提供されたコーランの4つの物語からなるプロットに基づいて脚本を書きました。 この映画は、シスノコブン監督が率いる日本の制作チームの発案によるものです。

映画「TheJourney」を制作したマンガプロダクションのCEO、エッサム・ブハリ氏は、主人公や他のキャラクターがどんな困難も克服できることを示しているため、この映画はサウジアラビア独特の雰囲気を持っていると語った。

ちなみに、彼の意図はおもちゃのアニメーションの精神に合っています。

あるシーンでは、Awsは妻が彼に与えたアイシャドウを使用して、最後の戦いの前に勇気を集めます。 サウジアラビアの女性従業員がお互いへの愛情を表現し、女性が間接的に戦争に関与していることを示すというアイデアでした。

ブハリ氏は、マンガプロダクションの目的は将来の才能を伸ばすことであると述べ、サウジアラビアは第二次世界大戦の大惨事後の主要な経済大国になるための日本の回復の奇跡を理解することに熱心だったと付け加えた。

READ  日本最大のブローカーである野村アルコスは3130億ドルの損失を記録