Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サウジアラビアと日本はエネルギー、製造、金融分野で30以上の協定に署名した

サウジアラビアと日本はエネルギー、製造、金融分野で30以上の協定に署名した

サウジ・ガゼットの報道

東京 – サウジアラビアと日本は、エネルギー、製造、金融活動の分野で30以上の覚書(MoU)を締結した。 これらの協定は火曜日に東京で開催されたサウジアラビア・日本ビジョン2030ビジネスフォーラムの傍らで署名された。

エネルギー大臣のアブドゥルアジズ・ビン・サルマン王子と投資大臣のハリド・アルバリハ氏もフォーラムで講演した。 ファリハ氏は演説の中で、サウジアラビアの非石油収入は倍増し、3兆ドル以上の投資を期待していると述べた。 これは日本の株主にとって大きなチャンスとなると同氏は指摘した。

国際パートナーシップ投資省のサラ・アルサイード副大臣はスピーチの中で、サウジアラビアの日本との更なる協力計画について概説した。 「サウジ・日本ビジョン2030に基づき、我々はこのパートナーシップを新たなレベルに引き上げることを目指しています」と同氏は述べた。

サウジアラビア情報技術通信大臣のアブドラ・アル・スワハ氏は、フォーラムの一環として開催された「デジタル・エンターテインメント・ラウンドテーブル」で講演した。 このフォーラムには、サウジと日本のビジネス・業界のリーダーや政府関係者ら300人以上が参加しており、二国間貿易、投資、文化関係の促進を目的としている。

貿易フォーラム中、日本の斉藤健産業大臣は、アブドゥルアズィズ・ビン・サルマン・エネルギー大臣やハリド・アルファリハ投資大臣を含むサウジ政府高官、サウジアラムコや他のサウジ主要企業の上級幹部らと会談した。 斉藤健氏はイベントで講演し、サウジアラビアは日本への最大の原油供給国であり、エネルギー安全保障における最も重要なパートナーの一つであると述べた。

READ  日本の岸田氏は食糧に関して厳しい時間的制約に直面している