Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子、国王の健康状態を理由に来日を延期

サウジアラビア皇太子とムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドゥルアズィズ・アル・サウド首相は5月20日から23日までの期間、日本を公式訪問する予定である。

  • サウジ皇太子とムハンマド・ビン・サルマン首相は、2024年3月20日水曜日、サウジアラビアのジッダでアントニー・ブリンケン米国務長官と会談する。(AP通信)
    サウジ皇太子とムハンマド・ビン・サルマン首相は、2024年3月20日水曜日、サウジアラビアのジッダでアントニー・ブリンケン米国務長官と会談する。(AP

日本の外務省は本日、サウジ国王の健康状態を理由に、5月20日に予定されていたサウジ皇太子とムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウド首相の東京訪問を中止したと発表した。延期されました。

同省は、「サウジアラビア王国皇太子兼首相であるムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドゥルアズィズ・アル・サウド王子殿下が5月20日から23日までの期間、日本を公式訪問する予定である」と発表した。

「5月19日深夜、サウジアラビア政府は日本政府に対し、二聖モスクの管理者であるムハンマド皇太子の健康状態を理由に、ムハンマド皇太子殿下の訪問を延期する必要があると通告した。サルマン・ビン・アブドゥルアズィズ・アル・サウド国王陛下は、ムハンマド皇太子の今後の訪問は両国間で調整されると付け加えた。

サウジ国王が健康診断のため入院

5月19日、サウジ王立裁判所は、サルマン・ビン・アブドゥルアズィズ・アル・サウド国王が高熱と関節痛に悩まされたため、ジッダのアル・サラーム宮殿にある王立診療所で健康診断を受けていると発表した。

「二聖モスクの管理者」 [Salman] 高熱と関節痛のため、本日5月19日にジェッダのアル・サラーム宮殿にある王立クリニックで健康診断を受ける予定だ。 サウジ国営通信社は、医療チームが彼の症状を診断し、健康状態を監視するための検査を実施すると報じた。

その後、国王が肺感染症を発症し、抗生物質を服用する予定であると報じられた。

READ  すべての目が東京に注がれている: イスラエル企業が日本を引き継ぐ時が来た