Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サウジ皇太子、サルマン国王の健康上の懸念のため日本訪問をキャンセル

サウジ皇太子、サルマン国王の健康上の懸念のため日本訪問をキャンセル

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、父親のサルマン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王の健康状態への懸念から、今週予定されていた4日間の日本訪問をキャンセルしたと日本政府報道官の林芳正氏が日曜日遅くに発表した。

月曜日に始まる予定だったこの訪問は、皇太子によるアジアの国への訪問は2019年以来初めてとなった。ムハンマド皇太子は日本の岸田文雄首相や日本の天皇のほか、数人の日本人の代表者らと会談する予定だった。日本のメディアは、液体水素のサプライチェーンを強化する協定があると報じた。

サウジ通信社は日曜日、皇太子の88歳の父親が肺感染症を患っており、ジッダのアルサラーム宮殿で抗生物質の投与を受ける予定だと報じた。 サウジ国営メディアによると、サルマン国王は先月「定期検査」のためジッダのファイサル王専門病院に入った。

2015年にアブドラ国王が死去した後、サルマン国王は2015年からサウジアラビアを統治している。2年後、ムハンマド・ビン・ナーエフ国王が皇太子の地位から外され、息子が後任に就いた。

38歳の皇太子は事実上の国王とみなされており、王国の日常業務のほとんどを担当しており、王位継承順位は次位である。 ムハンマド皇太子も2022年末に日本を訪問する予定だったが、到着直前にキャンセルされた。

「ムハンマド皇太子の日本訪問は両国間で再調整されることになる」と林氏は日曜日遅く記者団に語った。 サウジ情報筋がAFPに語ったところによると、実際の指導者は不在にもかかわらず、サウジ代表団が会談を行うために日本を訪れる予定だという。

両国の外相は月曜日に15分間電話で会談した。 日本の外務省が発表した声明によると、上川陽子外務大臣は国王の早期回復を心から願うとともに、世界が複数の危機に直面している現在、リヤドと緊密に協力したいと述べた。ガザとウクライナ。 同省によると、両大臣はできるだけ早く訪問を再調整したいと伝えたという。

日本とサウジアラビアは近年、関係深化に努めてきた。 日本は世界第4位の経済大国であるため、サウジアラビアがエンターテイメント、観光、再生可能エネルギーなど他の分野に多額の投資を行うことでサウジ経済を石油依存から多角化するという皇太子の計画であるビジョン2030を達成するには、日本からの支援が極めて重要となっている。 。 エネルギー。

一方、リヤドは東京への年間約343億ドルの最大の原油供給国であり、石油化学製品の主要供給国でもある。

国際通貨基金のデータによると、サウジアラビアは2023年に日本にとって8番目に大きな貿易相手国となり、二国間貿易は420億ドルに達した。

一方、サウジ通信社によると、ムハンマド皇太子は日曜、同国東部のダーラン市でジェイク・サリバン米国家安全保障問題担当大統領補佐官と会談し、ガザ戦争の解決策を見出すことについて話し合った。

READ  この研究は、AIが場合によっては膵臓がんを早期に予測できることを示した