Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サッカー:ヨーロッパを拠点とするミャンマーワールドカップ予選のチーム名は日本

東京:木曜日(5月20日)の日本代表ハジム・モリアスは、来週のワールドカップ予選でミャンマーと対戦するヨーロッパのチームを任命し、国内の選手はいない。

ミャンマーでの陰謀のため、試合は3月から再スケジュールされ、FIFAの国際日程から外れ、その週末にクラブで活動しているJリーグの選手を拒否しました。

日本は前回のワールドカップでモンゴルを14-0で下し、モリヤスはミャンマーとの冷酷なパフォーマンスをもう一度望んでいると語った。

「まず、ミャンマーとの試合に勝ち、次のラウンドで自分の位置を記録したい」と、チームが5試合中5試合で勝利し、27ゴールを決め、何も認めなかったモリヤスは語った。

「その後、ゲームを使い、最終予選ラウンドに勝つ準備をしたい。しかし、最初に、できる限り最善の方法でプレゲームの準備をしなければならない。」

日本は今後3週間、ワールドカップ予選でタジキスタンとキルギスタンと対戦し、ジャマイカとセルビアと対戦します。

日本の24歳未満のオリンピックチームは、ガーナの24歳未満の選手やジャマイカ代表チーム全体との友情にも積極的に取り組んでいます。

ミャンマー戦後、両チームとも国内外に選手がいる。

モリアス氏によると、元サウサンプトンのDF吉田麻也は、シュトゥットガルトの遠藤バタル、マルセイユの酒井宏樹とともに、東京オリンピックの3人の選手のうちの1人になるという。

「彼らはチームに貢献できる選手であり、チームの若くて経験の浅いメンバーに影響を与えることができる選手です」とモリアスは言いました。

「彼らはフィールドの内外でパフォーマンスする方法を示すことができ、若い選手の育成を助けることができます。」

READ  ワイルドセーブファイルの呼吸•Eurogamer.net