Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サモアがラグビーワールドカップの前哨戦で14人の日本を破る

サモアがラグビーワールドカップの前哨戦で14人の日本を破る

札幌、日本(AP通信)-サモアは土曜日、ラグビーワールドカップでの再会のわずか2か月前に行われたパシフィック・ネーションズカップ・テストで、日本の14人編成を破り24対22で勝利した。

30分にリーチ・マイケルにレッドカードが出たものの、日本はスンシン・イの活躍で札幌ドームでの試合のほとんどでリードを保った。 しかし、フライハーフはそれを解き放つのに苦労した。 日本の唯一の試みは、6分にアマト・ヴァカタヴァがファーストロックを決めて終了した。

サモアはウィンガーのアラマンダ・モトゥガ、スクラムハーフのジョナサン・タウマティーン、左ウイングのトゥムア・マヌがトライを挙げた。 真野は松島幸太朗を抑えて22点で同点に追いつき、残り17分で安部クリスティアン・リアレファノの3度目のコンバージョンで完全に先制した。

リーチはダブルタックルで肩を頭部に打ち付けて退場となったが、リーの5本のペナルティで日本は最終クォーターで22対17とリードした。

サモアは、スローイン14本中わずか7本を許したにもかかわらず、2012年以来初めて日本で勝利を収め、後半のほとんどで守備に就いた。

両チームは9月28日にトゥールーズでワールドカップ決勝で3年連続の対戦を予定している。

一方、ラウトカで行われたネイションズカップのもう一つの試合では、フィジーがトンガを36対20で破った。 フィジーはペナルティーキックからスタートし、11分後には19-0とリードを奪った。 トンガはハーフタイム前に19対15、休憩後には26対20と劣勢に立たされたが、フィジーは土壇場で簡単に5メートルのトライを決めてスコアを決めた。

___

APラグビー: https://apnews.com/hub/rugbyhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  2022 年に 4 日間のバンク ホリデーでクイーンズのプラチナ ジュビリーを祝います。 女王