Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サリー市は貿易関係強化に向けて日本政府と協議中

サリー市は貿易関係強化に向けて日本政府と協議中

ハイデラバード: インドの総合ビジネス都市サリー市は、日本の投資家をサリー州での起業に誘致するためのマーケティング活動を開始したと発表した。 このため、スリシティのマーケティングチームは現在日本を巡回中です。 国際モーターショーへの参加に加え、チームは駐日インド大使、日本政府および業界の高官らと会談を行った。 アーンドラ・プラデーシュ州政府産業顧問のR・ヴィーラ・レディ氏、元駐ジャマイカ日本大使でサリー市議会議員の中野正典氏、R・シヴァシャンカール氏(マーケティング担当)、ゴーピ・クリシュナ氏(Dy社ゼネラルマネージャー)(マーケティング担当)が同行)シッピー・ジョージ駐日インド大使と。

サリー市のプレスリリースによると、会談中、当局者らは同州の産業成長に関する最新情報を提供し、サリー州が28カ国から210社以上の企業(そのうち30社は日本から)を誘致し、日本で第2位の産業となった実績に焦点を当てたという。インドの都市。 (ジェット)。 声明によると、大使はアンドラプラデーシュ州政府の産業政策を評価し、サリー州が達成した進歩と主要な投資先としての地位を称賛した。

サリー市職員は、日本貿易振興機構(ジェトロ)および経済産業省(METI)の上級代表とも協力した。 議論は、JIT における進行中の発展、サリー州の日印製造業協同組合(JIM)の事例、および潜在的な協力分野に焦点を当てた。 三井住友銀行、みずほ銀行、日本商工会議所などの著名な団体の代表者らとの交流を通じて、協力の可能性を探り、実質的なつながりを築きました。

サリー市創設事務局長のラビンドラ・サンナレディ博士は、これらの取り組みの成果に自信を示し、次のように述べています。日本の投資家とジェトロからの強力な支援があります。」そして経済産業省。

READ  日本の幹部は、M&Aブームを復活させるためにウイルスの渡航禁止令を緩和することを強く求めています