Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サル痘が国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を構成するかどうかを来週評価するWHOパネル

「異常な状況が発生していることは明らかだと思う。これは、ウイルスが過去と同じように異常な動作をしていることを意味する」とテドロス氏は語った。 「しかし、それだけでなく、それはますます多くの国に影響を及ぼしており、地理的な広がりのために、ある程度の調整された対応も必要だと私たちは考えています。」

誰が 識別します 国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)は、「国際的な疾病の蔓延を通じて他国に公衆衛生上のリスクをもたらすと特定され、調整された国際的な対応が必要となる可能性がある例外的な出来事」です。

組織は、この定義は、状況が「危険、突然、異常、または予期しないものであり、影響を受ける国の国境を越えて公衆衛生に影響を及ぼし、即時の国際的行動を必要とする可能性がある」ことを意味すると述べています。

この定義は、2005年に作成された国際保健規則に由来し、国際社会が世界中に広がる可能性のある公衆衛生リスクの防止と対応を支援することを目的とした196か国が関与する法的合意を表しています。

米国疾病管理予防センター 説明 この規則は、「世界中の潜在的な公衆衛生上の緊急事態を検出および報告する能力を構築するための196か国の法的拘束力のある合意です。国際健康規則は、すべての国が公衆衛生イベントを検出、評価、報告、および対応する能力を有することを要求しています。 」

2014年に始まったポリオと2020年に始まったCOVID-19の2つの主要な健康緊急事態が進行中です。

規制が施行されてからさらに4つが発表されました。2009年から2010年のH1N1インフルエンザ、2014年から2016年および2019年から2020年のエボラ出血熱、2016年のジカウイルスです。

世界保健機関はウイルスの名前の変更を検討しています

「WHOはまた、世界中のパートナーや専門家と協力して、サル痘ウイルスの名前、クラスター、および病気を変更している」とテドロス氏は述べた。 「私たちはできるだけ早く新しい名前を発表するでしょう」と彼は付け加えました。

テドロス氏によると、今年は39か国から1,600件以上のサル痘が確認され、約1,500件の疑いのある症例が世界保健機関に報告されており、そのうち7か国でサル痘が長年検出されています。 他の32カ国は新たに影響を受けています。

今年、以前に影響を受けた国から72人の死亡が報告されており、新たに影響を受けた国からの症例は報告されていませんが、世界保健機関はブラジルからのサル痘関連の死亡の報告を検証しようとしています。

によると アメリカ疾病予防管理センター6月13日の時点で、米国では65件のサル痘の確認または可能性のある症例があります。
医師が世界的な発生で最初のアメリカ人の患者がサル痘を患っていることに気づいた瞬間:' 最初はレーダー画面に表示されていませんでした。

テドロス氏は、世界保健機関の目標は、公衆衛生ツールを使用して感染を封じ込め、発生を阻止することで各国を支援することであり、リスクの認識を高め、最もリスクの高いグループの感染を減らすための対策を講じる必要があると付け加えた。

世界保健機関はサル痘に対する普遍的な予防接種を推奨していませんが、 一時的なガイダンス サル痘に対する天然痘ワクチンの使用に関する火曜日、彼は言った。

「天然痘ワクチンはサル痘に対するある程度の防御を提供することが期待されていますが、限られた臨床データと限られた供給があります」とテドロスは言いました。 「リスクのある個人と医療提供者によるワクチンの共同使用に関する決定は、ケースバイケースでのリスクとベネフィットの評価に基づいて行われるべきです。」

彼はまた、ワクチンが必要な場所で公平に利用可能であることが不可欠であると述べ、WHOは加盟国およびパートナーと協力してワクチンおよび治療への公平なアクセスのためのメカニズムを開発していると述べた。

READ  疾病管理予防センターは、予防接種を受けたアメリカ人の軽度の感染症を調査しません