Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サンティシマは日本で名を上げたい

米国のキャンペーンで失敗した後、元世界タイトル候補の Khieo Santissima は、日本のシーンで彼の運をテストします。

Santisima は、「日出づる国」で再びビジネスを目にすることで、豊かな日本市場への参入を試みます。

26 歳のサンティッシマは、2022 年 12 月 11 日に日本に帰国する予定で、大阪のエディオン アリーナで行われる 10 周のレースで潜在的な日本の下町俊樹と対戦する予定です。

「勝つために最善を尽くし、日本で自分の名前を作ろうとします」とサンティジマはサンスター・セブに語った。

元ALA選手のサンティシマは昨年8月14日に日本デビューを果たし、ベテランの大沢広重を5ラウンドで倒した。 彼は、今年日本で優勝した 3 人のベノイ選手の 1 人です。

サンティシマは 2020 年にアメリカのシーンへの参入を試み、ラスベガスで当時の WBO スーパー級王者エマニュエル ナバレテに挑戦しました。 彼は頑丈な位置に置かれたが、11ラウンドで止まった.

Santissima は、別の世界タイトルを目指して、今年初めに米国に戻りました。 彼は再び失敗し、9回戦で出場停止となった。

サンティッシマは、世界タイトルを目指して再び挑戦する前に、日本でキャリアを積むことを計画しています。 彼はまだ目標を持っていませんが、以前の対戦相手であるナバレットが現在のタイトル保持者であるため、WBO フェザー級のベルトを目指しています。 彼は現在、フェザー級部門で WBO によって第 13 位にランクされています。

「もう一度世界選手権を戦うチャンスがある限り、誰とでも戦いたい」と彼は言った。

しかし、サンティッシマは下地を乗り越えなければなりません。これは簡単なことではありません。

下地選手は元日本チャンピオン。 彼は2016年に平沼佑介に対してスプリット判定で彼のキャリアの中で一度だけ負けました.

下町は2016年以来無敗で、過去15回の大会で13回優勝しています。 水野拓也にテクニカルノックアウトで7回戦敗退。

三島は22勝4敗19KO、下町は15勝1敗2敗11KO。

READ  3日間の「不親切な」博物館は訪問者に小さな車椅子でセミスポーツ体験を提供するだけです