Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サンノゼの日本友好庭園の赤ちゃん鯉は保護が必要です

サンノゼケリーパークの日本友好庭園で何か怪しいことが起こっています。 つまり、最近の美しい環境の中で鯉の子供になるのは簡単なことではありません。

公園にはたくさんの鯉の池がありますが、2017年に公園を荒廃させた大規模なコヨーテクリークの洪水により、残りの鯉が復元され、新しいろ過システムが設置されている間、すべての鯉が1つの大きな池に保管されました。 これは、隠れ場所が少なくなり、何年にもわたって猛禽類に金色のクラッカーのようにひったくられてきた赤ちゃん鯉にとって理想的な状況ではありませんでした。

解決策は、若い魚が大きくなり、完全な標的ではなくなるまで保護できる隔離タンクを設置することかもしれません、とSan Jose ParksCorporationの常務取締役であるJamesReberは言います。 財団は、鯉のベビータンクの費用に加えて、財団が購入した携帯型ろ過システムの保守、定期的な池の保守の支援、鯉の餌の費用を賄うためのその他の費用を賄うための基金を設立しました。 あなたが手伝うことに興味があるなら、に寄付リンクがあります www.sanjoseparks.org

リーパー氏は、サンノゼ市議会のメンバーであるケリーパークを含むマヤエスパルザが、オフィスの予算を通じて公園の修復に資金を提供し、スタッフに、おむつを着た漫画の魚を使った「ベイビーコイ」の絵を作成するよう依頼したと付け加えました。 ベビーヨーダではありませんが、とてもかわいいです。

クリエイティブなヒント: サンノゼには芸術家の不足はありません。これは、1月1日から1年間務める、市の文化局によって選ばれた市の最新のクリエイティブアンバサダーのグループによって確認された事実です。

住民の創造的な声を見つけることを任された6人は、メキシコの女優兼写真家であり、女性主導のパブリックアートプランニングおよびコンサルティング会社であるArt BuildsCommunityのチームに最近加わったStephanieBagarasです。 低レベルの印刷物のデジタルアーカイブを作成するデジタルメディアアーティストのリカルドコルテス。 視覚哲学の学校を共同設立した版画家兼教育アーティスト、ダナ・ハリス・セガー。 ベイエリアの学区向けに放課後のワークショップを作成した、マルチインストゥルメンタルミュージシャン兼音楽教育者のEricHeislet。 パロアルト芸術センターで最近版画のレジデントを受けた、視覚芸術家で環境活動家のエイミー・ヒブス。 サンノゼ生まれの詩人、ブランドン・ローは、クラスの年齢に関係なく、詩を人々を結びつける方法と見なしています。

それぞれが芸術的な興味に沿った創造的な表現プロジェクトに今年中に取り組んでいます。

航海の英雄に敬意を表する: 17歳で米海軍に入隊し、1945年に空母USSインディアナポリスの沈没を生き延びたアドルフォ・セラヤは、11月25日、故郷のアリゾナ州フローレンスで94歳で亡くなりました。 サンノゼの長年の居住者である彼は、1966年にそこに引っ越しました。

サンノゼでは、彼は冷暖房会社を立ち上げ、また、大世代と第二次世界大戦の終結を祝う全国運動を開始したスピリットオブ’45委員会の創設メンバーでもありました。

READ  ピアーズ・モーガンは、ハリー王子が最近の批判で何百万人もの王族を侮辱したと非難している