Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サービス 日本企業のインフレ率は1991年以来の最高水準に上昇しており、日本銀行には利上げの余地が十分にある。

サービス 日本企業のインフレ率は1991年以来の最高水準に上昇しており、日本銀行には利上げの余地が十分にある。

企業が新会計年度に向けて価格を引き上げたため、前月比で2か月連続の大幅な上昇となった。

ウルフ・ストリートのウルフ・リヒター著。

日本銀行のデータによると、日本企業が購入したサービスの生産者物価指数は、4月から3月まで同様に上昇した後、4月は3月比0.82%上昇した。 年率ベースでは、これら 2 つの上昇率はわずか 10% です。

過去の消費税増税を除いたデータでは、4月の急騰により前年比上昇率は2.9%となり、1991年以来最悪の伸びとなった。

日本企業の会計年度は4月に始まり、この時期に価格を調整する企業が多く、3月と4月の前月比値上げのほとんどは企業のサービス価格の値上げによるものです。 他の企業にも提供しています。 彼らは今昇給中だ。

前年比の価格上昇に最も貢献したサービスは次のとおりです。

  • 土木建築サービス: +7.5%
  • その他の技術サービス: + 5.9%
  • トレーニングおよび開発サービス: +6.7%
  • 機械の修理とメンテナンス: +5.5%
  • 廃棄物・産業廃棄物:+5.1%
  • ソフトウェア開発: +4.5%
  • 材料検査、非破壊検査、測量士認定サービス: +5.4%
  • コンピュータおよび関連機器、通信機器、自動車などのリース: +5.3%
  • ホテル: +22.3%
  • 海上輸送: +16.7%
  • 国内航空旅客数: +10.1%

このグラフでは、最近の加速はその栄光を最大限に評価することができ、消費税増税なしのサービスPPIの指標値を下回っています。これは、日銀がまだ政策金利を0%にしている一方で、あらゆる種類のくだらないことが緩和されていることを示しています。 、3月に小幅利上げが行われた後、債券購入が鈍化する兆候があります。

こうしたサービス価格の値上げに対して支払いを行う企業は、その値上げを顧客に転嫁します。 賃金はサービスインフレの大きな要因です。 日銀は、インフレが経済全体に広がっている兆候としてサービスのインフレを指摘しており、実際にそうなっている。

日銀には、3月に見られた0.1%から0%の小幅な利上げではなく、大幅な利上げで政策金利を引き上げるインフレ関連の十分な理由がある。 インフレ上昇に直面した同国の利上げ拒否政策により、円はこの種の金融危機を乗り越え、現在1ドル=157円付近まで下落している。

ウルフストリートを読んで楽しんで、サポートしてみませんか? 寄付することができます。 ほんとうにありがとう。 ビールとアイスティーのジョッキをクリックして、その方法をご覧ください:

Wolf Street が新しい記事を公開したときにメールで通知を受け取りたいですか? ここに登録。

READ  マグニチュード6.8の地震が日本を揺るがします。 重傷は報告されておらず、津波警報は発令されていません。