Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

サー・ジム・ラトクリフ、マンチェスター・ユナイテッドの20億ポンドをかけてオールド・トラッフォードを改修する野心的な計画が拒否される

サー・ジム・ラトクリフ、マンチェスター・ユナイテッドの20億ポンドをかけてオールド・トラッフォードを改修する野心的な計画が拒否される

マンチェスター・ユナイテッドの億万長者オーナー、ジム・ラトクリフ卿は、オールド・トラッフォードとその周辺地域の再開発計画に英国政府が資金援助をしたいのではないかと示唆した。

マンチェスター・ユナイテッドはサー・ジム・ラトクリフとの契約完了後、さらなる加速を計画している

マンチェスター・ユナイテッドのオーナーであるジム・ラトクリフ卿は、オールド・トラッフォードの再開発に国民の税金を使う可能性はほとんどない。

ラトクリフ氏は今週初めにクラブの株式27.7%を正式に購入し、ユナイテッドの再生計画を推し進めている。 石油化学の億万長者は、ピッチ内外でクラブの運命を改善するために新しい幹部を任命する際に、オールド・トラッフォードでの選択肢を検討している。

71歳の彼の買収には、切実に注目を集めているオールド・トラッフォードに3億ドル(2億3,700万ポンド)を約束することが含まれていた。 ラトクリフ監督は現在、10億ポンドかかると推定されるオールド・トラッフォードの再開発か、それとも20億ポンド近くかかる可能性がある完全に新しいスタジアムを建設してエリアを改修するかを検討している。

に話しかける BBCスポーツ 同氏は会社買収に同意した後、政府が事業への融資を検討するよう提案した。 同氏は「リニューアル事業の一環として、国との対話が必要だと思う。国立競技場であれば、南だけでなく北も少し考えてみる価値があると思う」と語った。

この考えはホワイトホールではうまく受け入れられておらず、支持を得る可能性は低いと思われる、と同氏は語った。 。 オールド・トラッフォード周辺の改修に公的資金が投入される可能性はあるが、ユナイテッドへの新スタジアムの提供には充てられない。

政府関係者はこう語った。 「それは私たちが楽しむものではありません。政府はサッカースタジアムに資金を提供するつもりはありません。どこで終わるのでしょうか?」一方、元保守党スポーツ大臣のトレイシー・クラウチ氏はタイムズ紙に次のように語った。世界で最も裕福なサッカークラブの一つである億万長者のオーナーがスタジアムに投資していないために、そのクラブに納税者のお金が使われる可能性があると示唆するのは驚くべきことである。


サー・ジム・ラトクリフはオールド・トラッフォードに大きな計画を立てている(Bertrand Guay/AFP、ゲッティイメージズ経由)

ご意見をどうぞ! ジム・ラトクリフ卿の計画についてどう思いますか? 以下のコメント

INEOS創設者ラトクリフ氏の資産価値は212億ドル(167億4000万ポンド)とのこと フォーブス 彼はフェイルズワース出身の少年時代のユナイテッドファンとして自分自身を描写することに熱心だが、4年前に税務上の居住地をハンプシャーからモナコに移した納税亡命者である。 水曜日に語った彼は、ユナイテッドに対する自分の利益とマンチェスターの地元住民の利益を調和させようとした。

READ  ラグビー日本代表、トゥイッケナムテストに1点変更