Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

シェフラーは以前に逮捕されていたにもかかわらず、全米プロゴルフ協会の頂点に近づいている

シェフラーは以前に逮捕されていたにもかかわらず、全米プロゴルフ協会の頂点に近づいている

大会主催者の発表によると、全米プロゴルフ選手権2日目は「コース付近での事故」のため1時間延期された。

ルイビル警察はシャトルバスの衝突で歩行者1人が死亡したことを確認した。

ESPNによると、別の事件では、世界ランク1位のスコッティ・シェフラーがコースに向かおうとして警察に「手錠で拘束」されたという。

ヴァルハラでは金曜日にさらに雨が降ると予想されており、雷雨の可能性もあります。

さらに雨が降ればさらに雨が激しくなり、木曜は世界最高の選手たちを翻弄するコースとなり、9アンダー62の快進撃で首位のザンダー・ショイフレが3打差に迫った。

ショイフレは男子メジャー史上最低スコアを記録し、オリンピックチャンピオンは完璧な62で9バーディーを記録し、2017年の全英オープンでブランドン・グレースがマークした記録に匹敵した。

グレースの偉業には、昨年の全米オープンの開幕戦でリッキー・ファウラーとシャベルが並んだが、どちらもロサンゼルス・カントリークラブではタイトルを掲げることができなかった。

「最高の気分だ」とシャウフェレは語った。 「たった1日だけど、9アンダーを打つと言われたら絶対に信じます。

「私は本当に良いゴルフをしており、惜しいヒットもたくさんしてきたので、チームと私は『プレーを続けてみませんか?』と言っています。」

スコアが低いにもかかわらず、シャウフェレは同胞のトニー・フィナウとサヒース・テガラにわずか3打差で、ロリー・マキロイとスコットランド人のロバート・マッキンタイアは強力な5アンダーグループの一員だった。

世界ランク1位のスコッティ・シェフラーとディフェンディングチャンピオンのブルックス・ケプカがそれぞれ67ショットを打ち、ジョン・ラームは6ホールを終えて4オーバーから反撃して70を返した。

全米プロゴルフ選手権の開幕ラウンド後に3打差を保った選手は、ディック・ハート(1963年)、ボビー・ニコルズ(1964年)、レイモンド・フロイド(1982年)の3人だけだ。 ハートは、ワナメーカー・トロフィーを獲得しなかった唯一の人物でした。

シェフラーはマキロイが今夜遅くに欠場する中、先発メンバーの一人だ。

READ  アメリカはフィンランドを空にし、女子世界ホッケー決勝に出場する