Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

シンガポールと日本はグリーンでデジタルな輸送路を開発中

シンガポールと日本はグリーンでデジタルな輸送路を開発中

シンガポール共和国運輸省(MOT)と日本の国土交通省(MLIT)は、シンガポールと日本の間にグリーンでデジタルな貨物回廊を確立するための協力覚書(MoC)を締結しました。

チー・ホン・タット運輸大臣代理と斉藤哲国土交通大臣が署名したこの覚書は、シンガポールと日本の間に設立される初のグリーンでデジタルな貨物回廊を意味する。

日本はシンガポールにとってトップ10の貿易相手国であり、両国間の貿易額は2022年に650億シンガポールドル(488億ドル)に達した。

読む: オークランド港と日本の通商当局者が船舶排出量削減に向けて協力

この協力のもと、シンガポール海事港湾庁(MPA)は日本の6港、すなわち東京、横浜、川崎、大阪、神戸、名古屋港と協力することになる。

これらの港は、関東、関西、中部という主要経済地域の主要な結節点を表しています。 2020年の両社の取扱貨物総量は約5,700万トンで、日本国内で取扱われる貨物総量の大部分を占めます。

グリーンでデジタルな海運回廊の確立に伴い、MPA と日本の港湾パートナーは、アンモニアや水素などの代替海洋燃料のプロジェクトとパイロット試験の開始を目指しています。

読む: 日本と米国間のコンテナ輸出が 8% 増加

両国はまた、船舶に燃料を供給するために必要なインフラ、基準、訓練の開発にも協力する。 また、港湾インフラを脱炭素化する技術の開発と導入も奨励する予定だ。

デジタル化の面では、シンガポールと日本は、港湾通関手続きを合理化するためのデジタルソリューションを特定し、導入するよう努める。 双方はまた、海事サイバーセキュリティリスクや海事デジタル化の他の側面に関する情報とベストプラクティスを交換する予定である。

今月初め、海港局、ロサンゼルス港、ロングビーチ港は、太平洋を横断するグリーンなデジタル海回廊を構築するパートナーシップ戦略を発表した。

同じ週に、海港局と天津市交通委員会は、シンガポールと天津間のグリーン・デジタル海運回廊を確立するための覚書に署名した。

READ  ICTの研究開発とレジリエントな社会の構築に対する日本の取り組み