Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

シンガポールは「ワクチン未接種」のCovid患者への請求を開始| シンガポール

政府は、シンガポールは症例数の増加に苦しんでいるため、「選択によってワクチン接種を受けていない」人々にCovid-19医療費を支払うことはもうないと述べた。

政府は現在、海外から帰国した直後に陽性と判定されない限り、すべてのシンガポール人、永住者、長期ビザ保有者のCovid医療費の全額を負担しています。

しかし、12月8日の時点で、 政府は言った 「選択によるワクチン接種を受けていないCovid-19患者への請求を開始する」。

ワクチン未接種の人々は、「集中的な入院治療を必要とし、私たちの医療資源への負担に不釣り合いに貢献している人々の大多数を占めています」と彼女は言いました。

Covidに関連する医療費は、ワクチンの資格がない人には引き続き支払われます。 政府はまた、12月31日まで部分的にワクチン接種された個人の請求書を支払い、2回目の接種を受ける時間を与えます。

シンガポールは世界で最も高い接種率の1つであり、適格人口の85%が完全にワクチン接種されています。

しかし、都市国家はCovidの症例の急増に取り組んでおり、先月、その医療システムが機能していると警告しました 高度によって「混乱」するリスク ケース。 パンデミックへの取り組みの転換の一環として、国が検疫なしの旅行を拡大した翌日でした。

リーシェンロン首相は以前、グローバルビジネスハブを無期限に閉鎖したままにすることはできないと述べ、シンガポールは封鎖と国境閉鎖のゼロトレランス戦略からCovid-19との共存に移行しました。

いくつかの制限が緩和された後の感染の急増により、島は10月下旬に再開を停止しました。 Covidの蔓​​延を抑制し、医療制度への圧力を緩和するために、社会的制限が約1か月延長されました。

11月8日、国 それは2,470の新しい症例と14の死を報告しました。 保健省は、コビッドの67例が集中治療室で危機的な状態にあると述べました。

READ  汚名を避けるためにCovid-19の亜種にギリシャ文字の名前を付ける | コロナウイルス