Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジャカルタでのダブルスペアの良いレースは準決勝で終わった

女子ダブルスのスター、ジョンコルファンキティタラクルとルウェンダプラジョンジャイは、土曜日に行われた120万ドルのインドネシアバドミントンオープン準決勝で敗れました。

7番目のシードのペアは、ジャカルタのイストラスポーツスタジアムで開催されたBWFワールドツアースーパー1000イベントで、日本の松山奈未と志田千陽に15-21、14-21で出場しました。

中国のトップシードである陳清晨と賈一凡が準々決勝に勝った翌日、ユングクルファンとラウェンダは42分しか続かなかったため、日本の対戦相手を見つけすぎた。

本日のタイトルマッチでは、松山と志田が韓国の第2シードのイ・ソヒとシン・ソンチャン、または日本の第4シードの福島由紀と廣田彩香と対戦する。

中国の王チーイーは、同胞の何冰冰を21-15、21-10で下した後、女子シングルス決勝で2番目にシードされた台湾の戴資穎を演じます。

彼は金曜日の準々決勝で韓国の第3シードのアン・セヨンを15-21、21-17、21-14で破った。

タイは他の準決勝で中国のオリンピックチャンピオンの陳雨菲を10-21、26-24、21-12で破った。

男子シングルスの準決勝では、東京オリンピックのチャンピオンがマレーシアのリー・ジージャを19-21、21-11、23-21で破り、トップシードのデンマークのビクトル・アクセルセンがマッチポイントを逃れました。

2回目の準決勝の勝者は、中国の趙順平とインドのHSブラノイの間で行われます。

混合ダブルス決勝は、日本のユタ・ワタナベと東野有紗が中国のチェン・シウェイとファン・ヤキョンと対戦します。

第3シードの渡辺と東野有紗は韓国の第6シードのソ・スンジェとチェ・ユジョンを21-18、17-21、21-15で破り、第2シードのチェンとファンは中国の第4シードのワン・イリューとファン・ドンピンを21で破った。 6、21-14。

READ  日本のスーパースター姫野和樹は、彼が高所を離れたくないことを明らかにしました