Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジャパニーズウイスキー-東京オリンピックを見ながら最高の飲み物

日本はパンデミックの最中にひどく苦しみ、2020年の東京オリンピックが続く中、かつて期待していたすべての外国人旅行者や訪問者が参加できたわけではありません。 これはいくつかの理由で残念です。その1つは、日本が素晴らしい観光地であり、テレビで放映される東京の素晴らしい都市環境よりもはるかに多くの自然の驚異、美しい風景、古代文化、そして素晴らしい食べ物を提供していることです。 。

彼らはまた、世界で最高のウイスキーのいくつかを作ります-最高ではないにしても-そしてそれは少なくともあなたがゲームを見ながら楽しむことができるものです。

一度に何時間もフラットスクリーンに接着している場合、お酒をお勧めするのは、適度に日本の特製ウイスキーカクテルです。 日本はワインを大量に消費する国ではなかったため、日本文化の要である食べ物に合うビールの代替品としてハイボールが人気を博しています。 蒸留所と醸造所の巨人サントリーが発行しました。サントリーは、高炭酸ソーダ水と冷飲料用の醸造機を作成し、全国(そして今では世界中)のバーがビールと同じくらい簡単に、完璧な一貫性でハイボールを提供できるようにしています。 。 自宅ではできませんが、サントリーのハイボール用ブレンデッドウイスキーであるトキは、ここで広く販売されており、日本で最も人気のあるウイスキーラベルの1つを手頃な価格(約40ドル)で利用できます。 最良の結果を得るには、フィーバーツリーのような高品質のソーダと混ぜて、大きな立方体を使用してください。

長時間の視聴セッションに適したもう1つのオプションは、ニッカデイズです。これは、日本のトップ4プロデューサーの1つであるニッカのラインナップに比較的新しい(昨年)追加されたものです。 ニッカは80年以上のブレンド経験があり、フローラルノート(約50ドル)を備えた、美味しくて非常に滑らかな日常の精神として日々を創造してきました。 「日常の一口に活気のあるブレンドウイスキー」として販売されているこのブレンドは、構造にニッカの滑らかで細かい粒のウイスキーを使用し、コフィーモルトウイスキーとニッカの絶賛されているヨイチモルトの甘さと豊かなボディを加えています。 その結果、フルーティーでフローラルなフレーバーのシルキーなテクスチャーが得られ、岩の上で最も楽しむことができます。

ブレンデッド・ウイスキーは、世界一のブレンデッド・ウイスキーだと思います(スコットランド)。 21歳のウイスキーはこれまでで最も受賞歴のあるジャパニーズウイスキーであり、日本は信じられないほどの数の賞を受賞していますが、あなたは高額な代償を払っています。 Drizly.com ニューヨーク市での配達用に販売されており、実際には低価格である1,300ドルからで、オンライン価格は2,000ドルにも上ります。 ヒビキ17は、ビル・マーレイのキャラクターがロスト・イン・トランスレーションのパークハイアット東京のバーで何度も飲んだバージョンです。私はそれを我慢できませんが、ドリズリーは再び平均を734ドル下回っています。

2016年に彼らはひびきハーモニーをリリースしました 最も権威のあるラインナップで入手可能な最も手頃なステッカーで、MSRPは65ドルですが、より一般的には80〜100ドルです。 サントリー、山崎、白州、知多の3つの蒸留所からの同じ例外的な小雨で作られ、有名なミズナラを含む5つの異なる樽で熟成された10種類以上のモルトウイスキーとグレインウイスキーが含まれています。 グルメなハイボールも作れますが、和風の球形の角氷で岩に挟みます。

競争が激しく、本当に大きくなりたい友人や家族がいる場合は、25歳の山崎からリリースされたばかりの新しいフォーミュラを検討してください。これは、最も人気のあるジャパニーズウイスキーであり、日本を世界の舞台に置いた唯一のモルトです。 。 1984年、山崎蒸留所でウイスキー1滴目から60周年を記念して、山崎シングルウイスキーが発売されました。 2003年には、インターナショナルスピリッツチャレンジで金メダルを獲得した最初のジャパニーズウイスキーとなり、2013年の山崎チェリーカスクは世界最高のウイスキーの称号を獲得しました。 今月、再加工された山崎25は、米国で棚にヒットし、最初に受け取られてから18年後、新しいボトルは2021年のインターナショナルスピリッツチャレンジ($ 2,000)から金メダルを獲得しました。 これはスタイリッシュに楽しむものです。

ウイスキーのボトルには2つのグランドがたくさんあるので、30ドル未満のジャパニーズウイスキーなど、もっと手頃な価格のものを試してみたい場合は、できません。 しかし、新しいデュワーズのジャパニーズスムースでスコットランド中の環太平洋地域を味わうことができます。 デュワーズキャスクシリーズのこの最新版は、世界で最も優れた2つのウイスキー製造文化を1つのボトルにまとめたものです。 デュワーズの8歳のウイスキーは、日本のミズナラオーク樽で6か月間仕上げられます。 同社によれば、「出来上がったウイスキーは独特で、繊細なフローラルハニーのアロマとヘザーのノート、複雑なサンダルウッドのノート、続いてパレットのシナモンスパイスが特徴です。これは、200年前の珍しい多孔質の性質の結果です。マズナラオーク。」問題は、MSRPがたったの25ドルだということです。 希少な広がりと深みのある複雑で繊細な味わいの、美味しくて楽しいウイスキーです。 「滑らかで体にぴったりとフィットする仕上がりは、スタイリッシュに、ロックで、またはクラシックな和風のハイボールで楽しむのに最適です」と、デュワーマスターブレンダーのステファニーマクラウドは言います。

しかし、ローンを組まなくても上質なジャパニーズウイスキーを楽しむことは完全に可能であり、それが火星の出番です。 国内で最大の4つの蒸留所の4番目であり、ここでは最も知られていないブランドです。 「人々は、サントリー、ニカ、ケレン(キレンウイスキーは米国に輸出されていません)という大企業を知っています」と、ハイロードスピリッツの輸入のクリスエリオットは私に語った。 「火星は4位で、このカテゴリーは国際的に高い評価を得ています。今日、私たちはこのジャパニーズウイスキーの大ブームにあります。8年前、日本には6つのモルトウイスキー生産者と9つの蒸留所がありました。現在、少なくとも26があります。 。」「

火星は70年以上前に蒸留ライセンスを保持しており、2013年には28歳のブレンデッドモルトが世界ウイスキー賞を受賞しました。 4年後、火星はウイスキーアイコン賞の最優秀職人蒸留所に選ばれました。 昨年、彼らはTsunuki:The Firstを発売しました。これは、九州南部の暑い島の海面にある元の火星の蒸留所で作られた最初のシングルモルトであったことからこのように名付けられました。 この施設は、1980年代に長野の雪に覆われた寒冷な山々のために閉鎖されましたが、2016年に再開されました。現在、火星は両方の施設を使用して、2つの非常に異なるテロワールを岩井ブレンドにブレンドし、2つのプレミアムシングルモルト、ツヌキを生産しています。と駒武。 他にも12を超える評価がありますが、ここで利用できるのはこれら3つだけです。

シェリー樽とバーボン樽で仕上げられた岩井ミックスは、カクテル用に設計されています。 彼らはマンハッタンに勧める素晴らしいハイボールを作ります、そしてそれは私が試した中で最もアクセスしやすいジャパニーズウイスキーとして35ドルでお買い得です。

個人的には、火星での私のお気に入りは、ニューアメリカンシェリーとオーク樽のブレンドで3年間熟成された駒ヶ岳です。 リッチで複雑で、ウィスキーアドボケイトのスコアは94です。 安くはありませんが、他の高級日本のモルトと比較すると、200ドル前後で完全に公正です。 また、3年熟成したツヌキは、かつてのシェリー樽とバーボン樽で、暑くて雨の多い天候からの蒸発と急速な熟成が進み、タフで味わいが薄れ、約250ドルで販売されています。

READ  日本の俳優竹内涼真がV'BTSに恋をしている! 彼が言わなければならないことを調べてください