Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジャパンインクでは、エネルギッシュな投資家が寒さから抜け出します

山崎真希子さん、平田ぬりゆきさん

東京(ロイター)-竹内靖夫は、2017年に日本のオリンパスのCFOとして、エネルギッシュな投資家が会社の株式を取得したと言われたときに感じた恐怖を思い出します:野蛮人は門にいました。

しかし、ValueAct Capitalからの提案を聞いている間、竹内はサンフランシスコを拠点とするファンドを、まだ会計スキャンダルに悩まされているオリンパスでの変化の潜在的な触媒と見なし始め、彼の見解ではあまりにもローカルなままであると信じていました。

2021年に向けて、小規模なオリンパスは、来年度までに営業利益率を2倍の20%にするという正しい方向に進んでいます。

オリンパスは、近年、一部の日本企業の態度が静かに変化した好例です。 政府の最近のより良い管理の推進は、エリオット・マネジメントやワード・ポイントなどのベテランのグローバル活動家の波を日本にもたらしました。 国内で活動している活動家基金の数は3年間で2倍になりました。

2019年、オリンパスはValueActのパートナーであるRobertHillを取締役会に招きました。 ValueActは、昨年末にその一部を売却する前に、ファンドの日本への最初の投資であるオリンパスの5%以上を保有しています。

ヒルを飛行機に乗せた当時の最高経営責任者である竹内氏は、「いつものようにすべての事業をひっくり返す準備ができていた」と語った。

「ロブは会社を注意深く監視し、分析している。彼はしばしばそれがどのように実施されているかについての洞察を私たちに与えてくれた」と彼はロイターにインタビューで語った。

それ以来、オリンパスは従来の年功序列に基づく賃金を改革し、より多くの幹部を海外に招き、経営をよりグローバルなものにしました。 竹内氏は、ガバナンスについて「より深く考える」ことを支援したValueActの功績を認め、これにより、指名、レビュー、および報酬の委員会が設立されました。

グローバルな医療技術企業になるための努力が加速しました。 オリンパスは海外の医療機器会社を買収し、長年失ったデジタルカメラ事業を売却しました。

竹内氏は、ヒルがオリンパスにカメラ事業の売却を指示したことはなく、「他の社外取締役と同様に問題を指摘した」と述べた。

竹内氏は、ヒルはオリンパスが市場に変化をもたらすのにも役立ったため、より大きな影響を与える可能性があると述べた。

投資家は注目しているようです。 同社の株式は、東証株価指数の約30%と比較して、2019年初頭からほぼ3倍になっています。

ValueActはこの話へのコメントを拒否した。

「より説得力のある」

投資家、特に外国人は、多くの日本企業が株主に反応せず、ガバナンスを改善する必要があると長い間主張してきました。 ガバナンスと経営に関連する問題は、東芝、オリンパスなどでの会計やその他のスキャンダルで強調されています。

東海東京リサーチセンターのシニアアナリスト、赤谷隆氏は、オリンパスの効率向上計画は「ValueActを取締役会に招待することを決定した時点で、より説得力のあるものになっている」と語った。

ValueActが7%以上所有している日本のチップメーカーであるJSR Corp.も、Haleを取締役会に招待しています。

宮崎英高取締役は、米国人の知識と経験が企業価値を高めることを望んでいると語った。 宮崎氏は、意思決定プロセスをスピードアップし、よりグローバルになりたいと語った。

ロンドンを拠点とするAssetValue Investors(AVI)の最高経営責任者であるJoe Bornfrund氏は、日本企業に明らかな変化が見られると述べています。

彼は、中小企業に重点を置く外国人投資家として、彼のファンドは数年前に会社の取締役に会うことはめったにないと述べた。 「企業の側には、いわゆる活動家とより建設的な方法で働きたいという願望が確かにあると思います。」

活動家自身もまた別の道を歩んでおり、数十年前に見られた敵対的買収の脅威から離れて、ガバナンスと会社の長期的価値に焦点を合わせています。 専門家は、このアプローチは成功する可能性が高く、従来の機関投資家からより多くの支持を得ていると述べています。

先月、東芝のシンガポールを拠点とするアクティブな投資家であるIvesimo Capital Managementからの提案が、日本のこのような著名な企業で初めて、株主投票で承認されました。

しかし、専門家は、日本で株主活動が完全に定着したと言うのは時期尚早であると指摘しています。

ソニーグループがサードポイントのチップユニット分離の提案を拒否したことは最近の顕著な例であり、東芝の投票でエビシモが成功したにもかかわらず、同社の経営陣はアクティビスト投資家を完全には受け入れていません。

「オリンパスのような企業はいくつかの例外であり、ほとんどの企業は活動家を避けたいと望んでいる」と早稲田大学ビジネススクールの鈴木和典教授は語った。 「しかし、これらの初期の例が成功し、世間の賞賛を集めることができれば、他の人もそれに続くかもしれません。」

(山崎真希子と平田ぬりゆきが作成、DavidDolanとShriNavaratnamが編集)

READ  放送中のニュースを放送する:マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプール、チェルシーの最新の噂と抑制